『大学駅伝2017-春号』-陸上競技マガジン6月号増刊(17.5.2
    (ベースボールマガジン社発行 (2017年5月2日発売) 1111円+税(1199円)
     (内容:エースの決意悟:下田・鈴木健吾・塩尻・工藤・鬼塚/惜別インタビュー柏原竜二/箱根駅伝2017出場20校最新戦力分析
     2017注目校歴史探訪神奈川大/20+5校最新戦力分析/2017新入生5000mランキング/25校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2017-春号』の案内へリンク





『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊(17.2.4
    ベースボールマガジン社発行 2017年2月2日発売 1350円(1250円+税)
     (内容:スペシャル対談一色・服部/青山学院大の強さに迫る/”激道”の主役たち 〜それぞれの軌跡〜(中谷&西山・早大2年生・神大鈴木健吾・他)/
     ・指揮官インタビュー(川崎・長門・大後)【検証】大学駅伝2016-2017/箱根駅伝出場チームアンケート
      ベースボールマガジン社HPの『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊』の案内へリンク


『駅伝日本一、世羅高校に学ぶ 「脱管理」のチームづくり』 岩本真弥/著(光文社新書)(17.1.30
    光文社発行 (2016年12月15日発売) 740円+税(800円)236頁
    (内容:第1区 都大路、運命の一日/ 第2区 速い選手より強い選手を/第3区 どうやってチームを再生させたのか?
     第4区 苦しみ続けた日々が教えてくれたもの/第5区 人口17,000人の町が日本一になれた理由/ 第6区 タスキを次世代へつなぐ
     第7区 日本陸上界、改革のための提言 〜青山学院大学陸上競技部・原晋監督対談
      光文社HPの『脱管理」のチームづくり』の案内へリンク


『箱根駅伝総集編』-スポーツ報知(17.1.16
    報知新聞社発行 2017年1月13日発売 350円  タブロイド判28ページ
     (内容:出場21チームの出場全210選手の写真とコメント、詳細な記録)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝総集編』の案内へリンク
      報知新聞社HPの『箱根駅伝総集編』のネット販売へリンク


『第93回箱根駅伝速報号』-陸上競技マガジン2月号増刊(17.1.11
    ベースボールマガジン社発行 2017年1月11日発売 10000円(926円+税)
     (内容:東京箱根間217.1km 襷の記憶 瀬古利彦の視点・区間レビュー・サンキュー大作戦とは何だったのか
      優勝校監督インタビュー・私が見た箱根駅伝・出場21チームレビュー・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第93回箱根駅伝速報号-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『勝ち続ける理由』―(原晋著(17.1.11
     (祥伝社発行/祥伝社新書(03-3265-2081)   2016年11月30日発売 780円+税(842円)新書判/222頁
     (内容:はじめに~青学はなぜ連覇を果たしたのか/第1章・初優勝からの日々/ 第2章・連覇、そして完全優勝へ
         第3章・結果を出せるチームをつくる/第4章・個人を指導する秘訣/ 第5章・勝ち続ける組織/ 第6章・陸上界を変える! ハッピー大作戦
       祥伝社『勝ち続ける理由』案内へリンク




『箱根駅伝展望号』-スポーツ報知観戦ガイド特別号(16.12.26
    報知新聞社発行 2015年12月24日発売 350円  タブロイド判32ページ
     (内容:出場21チーム、選手名鑑・各チームの神ってる紹介・戦力分析・レース展望・コースMAP・前哨戦VTR)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝展望号』のネット販売へリンク


『箱根駅伝2017公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(16.12.21
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2016年12月21日発売 1080円(1000円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版162ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2016公式ガイドブック』の案内へリンク


『ニューイヤー駅伝2017−第61回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(15.12.18
    サンデー毎日臨時増刊 2016年12月15日発売 574円+税(620円)
    (37チームカラー選手名鑑・この選手に注目・リオから東京へ・大会展望・金哲彦に聞く:A4版122ページ)
     毎日新聞『ニューイヤー駅伝2016』の案内へリンク


『TJ MOOK 箱根駅伝2017』(16.12.2
    宝島社発行 (2016年12月2日発売) 463円+税(500円)204ページ
     (内容:箱根駅伝2017注目選手:一色・ニャイロ・工藤・塩尻・服部・秋山・中谷・田村・口町・井戸・鈴木健吾・關/
         出場20校選手名鑑/大会展望/記録トリビア他
      宝島社『TJ MOOK 箱根駅伝2017』の案内へリンク



『箱根駅伝2017完全ガイド』-陸上競技マガジン1月号増刊(16.11.30
    ベースボールマガジン社発行 (2015年11月29日発売) 926円+税(1000円)
    (内容:青学大が挑む「箱根3連覇」&「年度三冠」・展望/「箱根でもエースの仕事を 一色恭志[青学] /大学4年生エース物語 一色・服部/主務オススメ選手
        全21チームの選手名鑑/出場校4年生進路情報/有力高校3年生進路情報/他)
      陸マガHPの『箱根駅伝2017』の案内へリンク


『箱根駅伝 ガイド決定版2017』(16.11.30
    読売新聞社発行 (2016年11月28日発売)648円+税(700円)
     (内容:2016年展望/エースたちの魂の走り(一色・服部・工藤・塩尻・鈴木健吾ら12人)/
         箱根を面白くする12人のランナーたち/全チーム徹底分析&選手名鑑 )
      読売新聞の『箱根駅伝ガイド決定版2017』の案内へリンク



『箱根駅伝2017完全ガイド』−報知グラフ1月増刊号(16.11.30
    報知新聞社発行 (2015年11月28日発売) 602円+税(650円)
     (内容:注目箱根の主役候補たち・竹内記者の大胆予想(青学本命・対校早大・3位以内狙い駒大・東洋・山学・東海)
        /21チーム選手名鑑/記録アラカルトなど)
      スポーツ報知の『完全ガイド箱根駅伝』の案内へリンク



『日本のマラソンはなぜダメになったのか―日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!』―折山淑美 (著)(16.11.28
    (株)文藝春秋発行 (2016年11月30日発行) 1450円+税(1566円)256ページ
     (内容:宗茂 2020年東京で、表彰台に上がるために必要なこと。・瀬古利彦 24時間マラソンのことを考えなくてはいけない。
         中山竹通 人と同じことをやっていては勝てない。・児玉泰介 成功と失敗を次のためにうまく利用することが大事。
         犬伏孝行 「日本人トップ」ではなく優勝を狙え。・藤田敦史 東京五輪を目指す大学生が、社会人になる前に出来ること。
         高岡寿成 チャンスは回ってくると思って、行かなければいけない。
       文藝春秋 の案内へリンク




『青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング』―(原 晋・中野ジェームズ修一/著 (16.11.28))
     (徳間書店発行(048-451-5960)   2016年11月26日発売 1400円+税(1512円):B5判変型/128頁
     (内容:Chapter1 「スーパーストレッチ」/Chapter2 「バランスボールトレーニング」
        /Chapter3「セルフマッサージ」/Chapter4 「アイシング」)/Chapter5「食事と水分補給」)
       徳間書店『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』案内へリンク
       版元ドットコムの紹介





『新・箱根駅伝 - 5区短縮で変わる勢力図』―酒井政人 (著)(16.11.24
    (株)KADOKAWA発行 角川新書 (2016年11月10日発行) 800円+税(864円)192ページ
     (内容:第1章 最長区間の山上り5区が生んだドラマ・第2章 山を制したチームが箱根を制した
         第3章 新・箱根駅伝「勝利のセオリー」・第4章 王者・青山学院大に迫るライバル校
         第5章 第93回大会の注目ランナーたち・第6章 東京五輪を沸かせる選手は現れるのか)
      KADOKAWA『新・箱根駅伝 - 5区短縮で変わる勢力図』の案内へリンク
      KADOKAWA『新・箱根駅伝 - 5区短縮で変わる勢力図』作品サイトへリンク





『図解・箱根駅伝 』―野神 明人 (著)(16.11.24
    (株)新紀元社発行 (2016年11月28日発行・24日発売) 1360円+税(1469円)B6変型判 224ページ
     (内容:第1章 箱根駅伝を彩る人間ドラマ・第2章 箱根駅伝の基礎知識
         第3章 箱根駅伝のコースと見どころ・第4章 大会を支える人々と環境
         第5章 箱根駅伝観戦ガイド)
      新紀元社KADOKAWA『図解・箱根駅伝』の案内へリンク





『実業団女子駅伝―クイーンズ駅伝in宮城2016 公式ガイドブック』(16.11.21
    サンデー毎日増刊 2016年11月17日発売 667円+税(720円)(A4版90ページ)
    (内容:この選手に注目!:上原・松田・鈴木・石井・横江・小原/
        特集インタビュー高橋尚子・メッセージ/教えて増田明美さん
        大会展望・大会全記録・カラー選手名鑑)
      毎日新聞 の案内へリンク




『増補版 箱根駅伝 世界へ駆ける夢』読売新聞運動部 著 (16.11.14
    (中公新書 (2016年11月9日発売) 860円+税(929円)
     (内容:ランナーたちの足跡・花の2区を駆けたエースたち・箱根が生んだ世界的ランナー・福島の系譜
         ・悲運を越えて・箱根が生んだ名監督・留学生の衝撃・選抜の存在意義・箱根駅伝の歴史・2020年東京五輪へ)
      中公新書 ラクレ の案内へリンク



『人を育て 組織を鍛え 成功を呼び込む 勝利への哲学157 〜原晋、魂の語録』著者:原晋(16.11.7
    (ぴあ発行 (2016年11月1日発売) 1111円+税(1200円)
     (内容:第1章「人を育てる」第2章「組織を鍛える」第3章「正しい目標~本質を見極めろ」第4章「勝利への哲学」
      Amazon の案内へリンク



『大学駅伝2016-秋号』-陸上競技マガジン10月号増刊(16.10.5
    (ベースボールマガジン社発行 (2016年10月5日発売) 1111円+税(1200円)
     (内容:TOP3の決意-青学・東洋・駒大・Road to Top 早大・東海・山学
      2016夏シーズンレビュー・インタビュー(佐々木悟)・歴史探訪(全日本大学駅伝名勝負・第1回黒姫妙高駅伝)
      大学駅伝2016-17展望(出雲・全日本・箱根駅伝予選会)・3大駅伝出場28校選手名鑑・43校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2016-秋号』の案内へリンク



『昭和十八年の冬 最後の箱根駅伝 戦時下でつながれたタスキ』早坂隆 著(16.10.3
    中央公論新社(株)発行 (2016年10月1日発売) 1800円+税(1944円)320頁
    (内容:第1章 箱根駅伝の誕生と中止 第2章 最後の箱根駅伝〜往路 第3章 最後の箱根駅伝〜復路
        第4章 大会復活〜戦後の歩み

      中央公論新社(株)HPの『昭和十八年の冬 最後の箱根駅伝 戦時下でつながれたタスキ』の案内へリンク


『昭和十八年 幻の箱根駅伝:ゴールは靖国、そして戦地へ』澤宮 優 著(16.9.23
    河出書房新社(株)発行 (2016年9月20日発売) 1800円+税(1944円)204頁
    (内容:内容紹介 戦時体制下、中止していた箱根駅伝は、昭和18年の一度だけ靖国神社スタートで復活した。
    秘せられた幻の大会の全容を初めて明かす。
    内容(「BOOK」データベースより)
    伝統の箱根駅伝は、軍部の圧力で昭和15年で中止された。しかし、学徒動員で死ぬ前にもう一度箱根を走りたい、という学生たちの強い願いは、
    戦勝祈願という名目で、靖国神社をスタートすることで開催にこぎ着けた。しかし多くの関係者はその後なぜ、口を閉ざしたのか。
    「紀元二千六百三年靖国神社・箱根神社間往復関東学徒鍛錬継走大会」と改名された幻の大会の全貌を徹底取材で描くノンフィクション。

      河出書房新社(株)HPの『昭和十八年 幻の箱根駅伝』の案内へリンク


『大学駅伝2016-夏号』-陸上競技マガジン8月号増刊(16.8.2
    (ベースボールマガジン社発行 (2016年8月2日発売) 1111円+税(1200円)
     (内容:”強速”のエース&”鮮烈”のルーキー:春季MVP一色・塩尻・ワンブイ・中谷・弾馬・
      スーパールーキーズ:東海大關・鬼塚・阪口・青学鈴木塁・中学横川・高砂・明阿部・神大荻野
      2年目:湊谷・小野田・阪口・ 牽引者:口町・平・鈴木健吾
      2016年度注目チーム:神奈川大・国士大・ルーキー名鑑・2016大学生男子5000mランキング・42校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2016-夏号』の案内へリンク



『箱根駅伝は「マラソン日本」の危機を救えるか』―(別冊宝島編集部 編 (16.6.13))
      (株)宝島社発行 (2016年6月11日発売) 1100円+税(1188円):B5判・128頁
      (内容:箱根駅伝から将来のメダリストは生まれるか・日本長距離界は組織から変えよ
          実業団駅伝はなぜ不人気か・今の育成システムは是か非か・新たな日本人ランナーの育成)
        宝島社 『箱根駅伝は「マラソン日本」の危機を救えるか』の案内へリンク





『大学駅伝2016-春号』-陸上競技マガジン6月号増刊(16.5.7
    (ベースボールマガジン社発行 (2016年5月6日発売) 1111円+税(1199円)
     (内容:エースの覚悟:一色・服部弾・中谷・「三強」指揮官が語る 2016年度シーズン・”本命”への飛躍(東海・山学)・
     ルーキー特集・20+5校最新戦力分析・2016大学生男子5000mランキング・25校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2016-春号』の案内へリンク



『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊(16.2.2
    ベースボールマガジン社発行 2016年2月3日発売 1240円(1148円+税)
     (内容:二冠&箱根連覇!青山学院大/襷の記憶-青学大 /Close up TEAMS 強豪戦記(洋・駒・早・海・山学)/
     ・【検証】大学駅伝2015-2016/◎指揮官たちの闘い(他)
      ベースボールマガジン社HPの『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊』の案内へリンク


『箱根駅伝総集編』-スポーツ報知(16.1.14
    報知新聞社発行 2016年1月13日発売 350円  タブロイド判28ページ
     (内容:出場21チームの出場全210選手の写真とコメント、詳細な記録)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝総集編』の案内へリンク
      報知新聞社HPの『箱根駅伝総集編』のネット販売へリンク


『第92回箱根駅伝速報号』-陸上競技マガジン2月号増刊(16.1.9
    ベースボールマガジン社発行 2016年1月9日発売 10000円(926円+税)
     (内容:東京箱根間217.9km 襷の記憶 区間ダイジェスト・パーフェクトグリーンを崩すチームは出現するのか
      優勝校監督インタビュー・私が見た箱根駅伝・出場21チームレビュー・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第92回箱根駅伝速報号-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『箱根駅伝展望号』-スポーツ報知観戦ガイド特別号(15.12.25
    報知新聞社発行 2015年12月24日発売 350円  タブロイド判32ページ
     (内容:出場21チーム、登録選手336人の顔写真付き名鑑・絶対的2強・箱根発リオ経由東京行・コースMAP・前哨戦VTR:)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝展望号』の案内へリンク
      報知新聞社HPの『箱根駅伝展望号』のネット販売へリンク


『箱根駅伝2016公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(15.12.21
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2015年12月21日発売 1080円(1000円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版162ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2016公式ガイドブック』の案内へリンク


『ニューイヤー駅伝2016−第60回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(15.12.18
    サンデー毎日臨時増刊 2015年12月15日発売 574円+税(620円)
    (43チームカラー選手名鑑・この選手に注目・マラソンへ挑戦・大会展望・金哲彦に聞く:A4版130ページ)
     e-hon『ニューイヤー駅伝2016』の案内へリンク


『常識破りの川内優輝マラソンメソッド(SB新書)』津田誠一著(15.12.9
    SBクリエイティブ(株)発行 (2015年12月4日発売) 800円+税(864円)170頁
    (内容:第1章 川内優輝の原点/第2章 どうやって学習院大初の箱根ランナーになれたのか?/第3章 オーバートレーニングはしない
        第4章 メリハリをつけて練習する/第5章 「膝のタメ」でゆったり速い走り/第6章 マラソンツウのテクニック /
        第7章 津田式 練習プログラム/第8章 津田式 レース攻略法/終 章 なぜマラソンをするのか?
      SBクリエイティブ(株)HPの『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』の案内へリンク


『箱根駅伝ナイン・ストーリーズ(文春文庫)』生島 淳 著(15.12.7
    文藝春秋社発行 (2015年12月4日発売) 690円+税(745円)224頁
    (内容:今井・柏原・神野が山の神になったとき/青山学院の初優勝を支えて/原監督が名門駒澤を抜いた/酒井監督が東洋に帰るまで
      文藝春秋社HPの『箱根駅伝2016』の案内へリンク・立ち読み5ページ       


『箱根駅伝テレビ観戦パーフェクトガイド2016 (角川SSCムック) 』(15.12.7
    KADOKAWA発行 (2015年12月7日発売)850円+税(918円)86頁
     (内容:箱根駅伝パノラマコースMAP/有力校4Close UP 青学・東洋・駒澤/早・山学・明・東海・日・中学/
         渡辺康幸が優勝の行方分析/出場全21チーム主力選手名鑑 )
      KADOKAWAの『箱根駅伝テレビ観戦パーフェクトガイド2016』の案内へリンク



『実業団女子駅伝2015―クイーンズ駅伝in宮城2015 公式ガイドブック』(15.11.30
    サンデー毎日増刊 2015年11月30日発売 667円+税(720円)(A4版90ページ)
    (内容:この選手に注目!:鈴木・木崎・西原・萩原・岩出・重友/
        初出場日本郵政グループとルートインホテルズ/増田明美に聞く
        大会展望・大会全記録・カラー選手名鑑)



『箱根駅伝2016完全ガイド』-陸上競技マガジン1月号増刊(15.11.28
    ベースボールマガジン社発行 (2015年11月28日発売) 926円+税(1000円)
    (内容:青学大連覇か?東洋王座奪還か?・展望/「出雲勝者 vs. 全日本勝者」 箱根決着の歴史 /大学駅伝兄弟物語 服部勇馬・弾馬/主務オススメ選手
        全21チームの選手名鑑/出場校4年生進路情報/有力高校3年生進路情報/他)
      陸マガHPの『箱根駅伝2016』の案内へリンク


『箱根駅伝 ガイド決定版2016』(15.11.28
    読売新聞社発行 (2015年11月28日発売)648円+税(700円)
     (内容:2016年展望/見せろ走魂! エースの挑戦(神野・中谷・服部・横手・潰滝ら13人)/
         期待の実力者たちを徹底分析/全チーム徹底分析&選手名鑑 )
      読売新聞の『箱根駅伝ガイド決定版2016』の案内へリンク



『箱根駅伝2016完全ガイド』−報知グラフ1月増刊号(15.11.28
    報知新聞社発行 (2015年11月28日発売) 602円+税(650円)
     (内容:箱根を駆け抜ける男たち・竹内記者の大胆予想(青学本命・対校東洋・駒大・3強の一角崩し東海・早大・山学)
        /21チーム選手名鑑/記録アラカルトなど)
      スポーツ報知の『完全ガイド箱根駅伝』の案内へリンク



『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』―(原 晋著(15.11.24))
     ((株)アスコム発行(03-5425-6625)   2015年11月21日発売 1300円+税(1404円):216頁
     (内容:第1章 チームで結果を出し続ける/第2章伸びる人材を見極める
        /第3章潜在能力を引き出す/第4章人間力を育む/第5章周囲を巻き込んで力に変える)
       アスコム『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』案内へリンク
       Amazonの紹介へリンク




『駅伝マン─日本を走ったイギリス人』―(アダーナン・フィン著(15.11.24))
     ((株)早川書房発行(03-3252-3111)   2015年11月20日発売 1700円+税(1836円):350頁
     (内容:第1章 謎だらけの日本の長距離界/第6章大学陸上部の練習に参加してみた
        /第10章初めての駅伝観戦/第16章全日本大学駅伝を密着取材/第21章箱根駅伝で垣間見た「ランナー運」)
       早川書房『駅伝マン─日本を走ったイギリス人』案内へリンク




『瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと (中経の文庫)』―(瀬古利彦著(15.11.24))
     ( KADOKAWA 中経出版発行  2015年11月13日発売 600円+税(648円):192頁
     (内容:第1章 マラソンで大切なこと/第2折れない心の作り方
        /第3章こうすればランニングは続けられる/第4章我がマラソン人生を振り返る/第5章私が伝えたいこと)
       KADOKAWA 中経出版『瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと (中経の文庫)』案内へリンク




『箱根駅伝95年 ―襷がつないだ友情、伝統、涙の記憶』―(別冊宝島編集部 編 (15.11.16))
      (株)宝島社発行 (2015年11月14日発売) 1000円+税(1080円):B5判・144頁
      (内容:名勝負列伝・時代を彩った名ランナー・95年間の歴代優勝校年表・コース変遷
          箱根駅伝エピソード&データ )
        宝島社 『箱根駅伝全95年』の案内へリンク





『マラソン・駅伝 福島 』(15.11.16))
      ベースボールマガジン社発行 (2015年11月13日発売) 1389円+税(1500円):四六判・192頁
     (内容:[対談]大八木弘明[駒澤大学監督]×酒井俊幸[東洋大学監督]・[Close up Fukushima Runners]今井正人 柏原竜二
         頂点へ、学法石川高レポート・藤田敦史×佐藤敦之×佐藤美保×相楽 豊
         マラソン・駅伝 福島データファイル)
         ベースボールマガジン社『マラソン・駅伝 福島』案内へリンク




『箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術』―(酒井政人著 (15.11.9))
      (株)カンゼン発行 (2015年11月4日発売) 1600円+税(1728円):四六判・256頁
     (内容:第1章 箱根駅伝を制した最新マネジメント・日体大 東洋大 青山学院大
         第2章 トップを目指す組織のマネジメント ・駒大・大八木監督、東海大・両角監督
         第3章 “弱者が強者に勝つ"ためのチームマネジメント・亜大・岡田監督、中央学大・川崎監督
         第4章 「チーム」と「個」を輝かせるマネジメント ・早大・渡辺前監督(現・住友電工監督)、拓殖大・米重前監督
         カンゼン社『箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術』案内へリンク




『駅伝・駒澤大はなぜ、あの声でスイッチが入るのか〜「男だろ!」で人が動く理由〜』―(大八木弘明著 (15.10.14))
      ベースボールマガジン社発行 (2015年10月8日発売) 1400円+税(1512円):四六判・192頁
     (内容:第一章 運営管理車の中から/第二章 数々のターニングポイント/
         第三章 縁を大事にし、巡り会う/第四章 情熱が燃え尽きぬ限り)
       ベースボールマガジン社『駅伝・駒澤大はなぜ、あの声でスイッチが入るのか〜』案内へリンク




『大学駅伝2015-秋号』-陸上競技マガジン10月号増刊(15.10.6
    ベースボールマガジン社発行 (2015年10月6日発売) 1111円+税(1199円)
     (内容:青山学院大らしく、三冠ロードへ/駒澤大"強い駒澤"を継承し、優勝戦線へ/東洋大「逆襲」への確かな布石
      SPECIAL師弟対談・大八木監督×藤田コーチ・日本インカレ・ハイライトCLOSE-UP TEAM(日体・岐阜経・亜大)
      大学駅伝2015展望(出雲・全日本・箱根駅伝予選会)・3大駅伝出場28校選手名鑑・44校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2015-秋号』の案内へリンク





『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』―(原 晋/著 中野ジェームズ修一/著 (15.10.1))
     (徳間書店発行(048-451-5960)   2015年9月18日発売 1400円+税(1512円):B5判変型/128頁
     (内容:第1章 「コアトレーニング」/第2章 「ストレッチ」
        /第3章「筋弛緩法」/第4章 「セルフモビライゼーション」)
        /5人の未来のエース候補/青学の1日)
       徳間書店『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』案内へリンク
       版元ドットコムの紹介




『大学駅伝2015-夏号』-陸上競技マガジン8月号増刊(15.7.30
    ベースボールマガジン社発行 (2015年7月29日発売) 1111円+税(1199円)
     (内容:注目チーム&ランナー「徹底分析」・箱根駅伝2015トップ3の春季レビュー(一色・中谷・服部)・春季MVP(潰滝)
      箱根駅伝2015出場20校ルーキー名鑑&戦力分析・2年生特集・1年生特集・44大学長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2015-夏号』の案内へリンク





『逆転のメソッド / 箱根駅伝もビジネスも一緒です』―(原晋著(15.5.3))
     (祥伝社発行/祥伝社新書(03-3265-2081)   2015年4月30日発売 780円+税(842円)新書判/192頁
     (内容:第1章 「選手時代の栄光と挫折」/第2章 「『提案型』営業マンの伝説」
        /第3章「箱根駅伝優勝への道〜ゼロからの大作戦/第4章 「青学は、なぜ優勝できたのか」)
        /第5章「『逆転』を生み出す理論と情熱」)
       祥伝社『逆転のメソッド』案内へリンク




『大学駅伝2015-春号』-陸上競技マガジン6月号増刊(15.5.1
    (ベースボールマガジン社発行 (2015年5月1日発売) 1111円+税(1199円)
     (内容:エースの誓い:青学三本柱座談会・3強の現在地(青・駒・東洋)・ゴールデンルーキー・20校最新戦力分析
         新入生入学時点5000mランキング・25校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2015-春号』の案内へリンク



『魔法をかける アオガク「箱根駅伝」制覇までの4000日』―(原晋著(15.4.20))
     (講談社発行(03-5395-4415)   2015年4月18日発行 1200円+税(1296円)四六判/192頁
     (内容:第1章 「新・山の神はこうして生まれた」/第2章 「日本一の営業マン〜挫折からの逆転〜」
        /第3章「私の生い立ち」/第4章 「勝つ準備〜青学駅伝監督就任〜」)
      講談社『魔法をかける アオガク「箱根駅伝」制覇までの4000日』案内へリンク




『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊(15.2.4
    ベースボールマガジン社発行 2015年2月3日発売 1240円(1148円+税)
     (内容:3人の山の神/青学大-フレッシュグリーンの清風 /頂点への挑戦(駒・洋・明・早・海)/
     ・ラストラン(村山の4年間)/インタビュー渡辺康幸(他)
      ベースボールマガジン社HPの『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊』の案内へリンク


『箱根駅伝総集編』-スポーツ報知(15.1.13
    報知新聞社発行 2015年1月13日発売 350円  タブロイド判28ページ
     (内容:出場21チームの出場全210選手の写真とコメント、詳細な記録)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝総集編』の案内へリンク
      報知新聞社HPの『箱根駅伝総集編』のネット販売へリンク


『第91回箱根駅伝速報号』-陸上競技マガジン2月号増刊(15.1.9
    ベースボールマガジン社発行 2015年1月9日発売 10000円(926円+税)
     (内容:東京箱根間217.9km 襷の記憶 区間ダイジェスト・<転がる葉っぱ>と外様監督、超人・神野が運んだ奇跡
      優勝校ストーリー 青山学院大学・私が見た箱根駅伝・出場21チームレビュー・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第91回箱根駅伝速報号-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『その1秒をけずり出せ 駅伝・東洋大スピリッツ』―(酒井俊幸著(15.1.6))
     (ベースボール・マガジン社発行(03-3238-0181)   2014年12月25日発行 1400円+税(1512円)四六判/192頁
     (内容:第1章 エースに頼るのでなくエースを生かす/第2章 三流選手から指導者に/第3章 結束――“チーム東洋”の組織力
         第4章 チーム力を底上げする/第5章 敗戦に学ぶ/第6章 挑戦――その先の世界へ
      ベースボール・マガジン社『その1秒をけずり出せ 駅伝・東洋大スピリッツ』 案内へ リンク




『日刊スポーツで振り返る、平成箱根駅伝B級ニュース事件簿』-久保田龍雄著(14.12.27
    日刊スポーツ新聞社発行 2014年12月17日発行 1296円+税(1400円)224ページ
     (内容:1989年第65回〜2014第90回、往路・復路の優勝チームなどのエピソードを紹介)
      日刊スポーツ新聞社HPの『平成箱根駅伝B級ニュース事件簿』の案内へリンク(表紙)
      日刊スポーツ新聞社HPの『平成箱根駅伝B級ニュース事件簿』の案内へリンク(内容紹介ブログ)


『箱根駅伝展望号』-スポーツ報知観戦ガイド特別号(14.12.25
    報知新聞社発行 2014年12月24日発売 350円  タブロイド判32ページ
     (内容:出場21チーム、登録選手336人の顔写真付き名鑑・5強の争いか下剋上か・MVP候補は・コースMAP・前哨戦VTR:)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝展望号』の案内へリンク
      報知新聞社HPの『箱根駅伝展望号』のネット販売へリンク


『箱根駅伝2015公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(14.12.22
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2014年12月20日発売 1080円(1000円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版162ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2015公式ガイドブック』の案内へリンク


『ニューイヤー駅伝2015−第59回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(14.12.16
    サンデー毎日臨時増刊 2014年12月15日発売 574円+税(620円)
    (37チームカラー選手名鑑・この選手に注目・マラソンへの可能性・大会展望:A4版130ページ)
     毎日新聞『ニューイヤー駅伝2015』の案内へリンク


『箱根駅伝2015完全ガイド』-陸上競技マガジン1月号増刊(14.11.29
    ベースボールマガジン社発行 (2014年11月28日発売) 926円+税(1000円)
    (内容:駒大7年ぶりVなるか・展望 箱根駅伝2015 全21チーム"走力"取材/大学ツインズ物語 村山謙太&紘太/主務オススメ選手
        全21チームの選手名鑑/出場校4年生進路情報/有力高校3年生進路情報/他)
      陸マガHPの『箱根駅伝2015』の案内へリンク


『箱根駅伝 名場面100選 』(14.11.29
    ベースボールマガジン社発行 (2014年11月26日発売) 1435円+税(1550円)
    (内容:PART1 2005-2014 SCENE1 大迫、3冠への独走/PART2 1999-2004 大村一・神屋 藤田敦史×三代/
        PART3 1989-1998 花田勝彦・武井隆次・勝間(神奈川大)/PART4 1974-1987 瀬古利彦・大久保初男/
        PART5 1920-1973 沢木啓祐×金子俊二)
      ベースボールマガジン社の『箱根駅伝 名場面100選』の案内へリンク


『クイーンズ駅伝in宮城2014 公式ガイドブック』(14.11.29
    サンデー毎日増刊 2014年12月13日発行・11月28日発売 667円+税(720円)(A4版106ページ)
    (内容:この選手に注目!:西原・前田・萩原・早川・高島・尾西/
        五輪で再び金を取るために指導者に聞く(林ダイハツ・小出良男)・来年度からシード制導入・TBS駅伝LIVE
        大会展望・大会全記録・カラー選手名鑑)
      毎日新聞『女子駅伝2014』の案内へリンク


『<東大式>マラソン最速メソッド』-松本翔著(14.11.29
    SBクリエイティブ(株)発行 (2014年11月25日発行) 730円+税(788円)
     (内容:第1章 東大生ランナーが福岡国際マラソンを快走  第2章 カラダと対話しながら自分の頭で考える
         第3章 マラソンはシンプルな練習で速くなる  第4章 結果を出す東大式コンディショニング
         第5章 結果を出す東大式レースマネジメント)
      SBクリエイティブ(株)の『<東大式>マラソン最速メソッド』の案内へリンク



『箱根駅伝 ガイド決定版2015』(14.11.29
    読売新聞社発行 (2014年11月28日発売・12月11日発行)648円+税(700円)
     (内容:2015年展望/ エースの真価/注目選手15人/
         出場チーム徹底解剖/監督たちの217.1キロ/予選会ルポ)
      読売新聞の『箱根駅伝ガイド決定版2015』の案内へリンク



『箱根駅伝2015完全ガイド』−報知グラフ1月増刊号(14.11.29
    報知新聞社発行 (2014年11月28日発売) 571円+税(600円)
     (内容:箱根を熱く駆ける男たち・箱根を熱く駆ける男たち・竹内記者の大胆予想(駒大最有力・東洋大・早大・青学・明大・山学横一線)
        /21チーム選手名鑑全出場校選手名鑑/記録アラカルトなど)
      スポーツ報知の『完全ガイド箱根駅伝』の案内へリンク



『箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉』-講談社α文庫-(生島淳著(14.12.3))
     (講談社発行(03-5359-5817)   2014年10月20日発行 720円+税(777円)文庫版 238ページ
     (内容:監督編:大八木・酒井・渡辺・原 他/選手編:瀬古・柏原・出岐・天野 他
         インタビュー:金
         本書は2012年ベースボール・マガジン社発行『人を育てる箱根駅伝の名言』を改題し、大幅に改訂・追加して文庫化したもの)
      講談社『箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉』 案内へ リンク






『箱根駅伝2015公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(14.12.22
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2014年12月20日発売 1080円(1000円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版162ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2015公式ガイドブック』の案内へリンク


『別冊宝島2262 箱根駅伝2015』(14.11.17
    宝島社発行 (2014年11月15日発売) 1000円+税(1080円)112ページ
     (内容:熱い戦いを楽しむためのTOPICS/優勝候補に聞く中村匠吾&村山謙太・青学原監督・早大渡辺監督・山本・明大有村/
         予選会結果リポート/出場校紹介
      『別冊宝島2262 箱根駅伝2015』の案内へリンク



『箱根から世界へ』―渡辺康幸 (著)(14.11.17
    ベースボールマガジン社発行 (2014年11月14日発売) 1400円+税(1512円)192ページ
     (内容:@大学駅伝監督は天職・A監督歴10年で築いてきたもの・B未来を見せてくれた大迫・
         Cサラザールとの出会い・D2020年への提言)
      ベースボールマガジン社『箱根から世界へ』の案内へリンク



『箱根駅伝 - 襷をつなぐドラマ』―酒井政人 (著)(14.11.10
    (株)KADOKAWA発行 (2014年11月10日発行) 800円+税(864円)188ページ
     (内容:箱根までの遙かな道のり・箱根駅伝“新世紀”の戦略・注目選手のインサイドストーリー・
     変わりゆく大学勢力図・箱根ツウになるための観戦術・箱根駅伝の罪と罰)
      KADOKAWA『箱根駅伝 - 襷をつなぐドラマ』の案内へリンク





『別冊宝島2246 箱根駅伝全90大会完全データBOOK』(14.10.14
    宝島社発行 (2014年10月11日発売) 1380円+税(1490円)112ページ
     (内容:94年間の歴代優勝校年表及び全90大会完全記録集 箱根駅伝から世界大会へ挑んだ男たち
         追憶の箱根駅伝
      『別冊宝島 箱根駅伝全90大会完全データBOOK』の案内へリンク



『大学駅伝2014-秋号』出雲・全日本・箱根駅伝予選会 完全ガイド−陸上競技マガジン10月号増刊(14.10.6
    ベースボールマガジン社発行 (2014年10月6日発売) 1111円+税(1199円)
     (内容:夏合宿リポート  明大×青学大・主務対談 注目校の夏(早大/神奈川大/山梨学大)
         駅伝シーズン序盤戦展望(出雲・全日本・箱根駅伝予選会  3大駅伝出場大学選手名鑑・44校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2014-秋号』の案内へリンク







『大学駅伝2014-夏号』The Heroes-陸上競技マガジン8月号増刊(14.7.25
    ベースボールマガジン社発行 (2014年7月24日発売) 1111円+税(1199円)
     (内容:春シーズンを検証 東洋大対駒大・前期充実 明大青学大・春季MIP・箱根2014出場23校前期通信簿
         最新5000mランキング・25校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2014-夏号』の案内へリンク



『大学駅伝2014-春号』The Heroes-陸上競技マガジン6月号増刊(14.5.12
    ベースボールマガジン社発行 (2014年5月1日発売) 1111円+税(1199円)
     (内容:上位3校エース座談会・2強の春(東洋・駒)・注目ルーキーズ大特集・2014ルーキー名鑑
         23校入学時点5000mランキング・25校長距離部員名簿 )
      陸マガHPの『大学駅伝2014-春号』の案内へリンク



『箱根駅伝90回記念誌 「絆」』(14.4.22
     関東学連発行・ (株)陸上競技社製作・ 2014年2月21日発刊 3240円(3000円+税)
     (内容:・新時代の軌跡81回大会〜90回大会詳報・歴代MVPの「私と箱根駅伝」・歴史と系譜1〜80回大会 概報・節目を彩った男たち:A4版144ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝90回記念誌 「絆」』の案内へリンク


『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊(14.2.3
    ベースボールマガジン社発行 2014年2月3日発売 1200円(1143円+税)
     (内容:実録 箱根駅伝1区の攻防/強監督対談 酒井(東洋)×大八木(駒大) /東洋大 箱根駅伝完全優勝への軌跡
     ・駒澤大 三冠に挑んだ日々・HAKONEを超えた傑物ランナー大迫傑の4年間(他)
      ベースボールマガジン社HPの『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊』の案内へリンク


『第90回箱根駅伝速報号』-陸上競技マガジン2月号増刊(14.1.11
    ベースボールマガジン社発行 2014年1月9日発売 980円(933円+税)
     (内容:東京箱根間217.9km 襷の記憶 区間ダイジェスト・山の神、街の風を切った 東洋大の賭けと双子の魂・私が見た箱根駅伝
      出場23チームレビュー・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第90回箱根駅伝速報号-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『箱根駅伝2014公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(13.12.22
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2013年12月20日発売 1000円(952円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版162ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2014公式ガイドブック』の案内へリンク


『ニューイヤー駅伝2014−第58回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(13.12.13
    サンデー毎日臨時増刊 2013年12月13日発売 571円+税(600円)
    (37チームカラー選手名鑑・この選手に注目・マラソン復活に向けて・大会展望:A4版130ページ)
     毎日新聞『ニューイヤー駅伝2014』の案内へリンク


『クイーンズ駅伝in宮城2013 公式ガイドブック』(13.12.9
    サンデー毎日増刊 2013年12月1日発行・発売 667円+税(700円)(A4版114ページ)
    (内容:注目選手!:福士・木崎・石橋・松崎・竹地・城戸
        女子長距離界のいま―日本のエースに続け 30代女子ランナーが頑張る理由
        大会展望・大会全記録・カラー選手名鑑)
      毎日新聞『女子駅伝2013』の案内へリンク


『箱根駅伝 100人の証言 』(13.12.2
    ベースボールマガジン社発行 (2013年12月2日発売) 1429円+税(1500円)
    (内容:第1章 柏原竜二 怪物の時代 ・第2章 早大―山学 最速対決・ 第3章 順大―駒大 紫紺対決
      第4章 王朝の盛衰 ・第5章 衝撃の躍進
        東京箱根間往復大学駅伝競走全記録)
      ベースボールマガジン社の『箱根駅伝 100人の証言』の案内へリンク


『Number PLUS「箱根駅伝1920-2014 伝説の名勝負」 』(13.12.1
    文芸春秋社発行 (2013年12月2日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:スペシャル対談 今井正人×柏原竜二 名勝負再現ドキュメント2011&2012早大対東洋 2001順大対駒大 1995山学対早大/
     /名勝負列伝/2014展望 選手名鑑&金哲彦の戦力分析)
      文芸春秋社の『Number PLUS「箱根駅伝1920-2014 伝説の名勝負」』の案内へリンク



『箱根駅伝2014完全ガイド』-陸上競技マガジン1月号増刊(13.12.1
    ベースボールマガジン社発行 (2013年11月30日発売) 952円+税(1000円)
    (内容:駒大三冠に挑戦 東洋大・日体大の逆襲は... 全23チーム"走魂"ストーリー
      最強世代から次なる時代へ箱根駅伝の90回を振り返る・他
        全23チームの選手名鑑)
      陸マガHPの『箱根駅伝2014』の案内へリンク


『箱根駅伝 ガイド決定版2014』(13.12.1
    読売新聞社発行 (2013年11月30日発売) (680円)
     (内容:2014年展望 レースは原点回帰、総合力勝負へ/直前ルポ 3強激突、勝敗の決め手は何か?/
     /出場チーム徹底解剖/インタビュー監督たちの挑戦)
      読売新聞の『箱根駅伝ガイド決定版2014』の案内へリンク



『箱根駅伝 青春群像』(佐藤三武朗 著(13.12.1
     (講談社発行   2013年10月17日発行 1600円+税(1680円) 184ページ
     (内容:ピンクの襷を繋げ!11年間駅伝を戦い続けた日大陸上部部長が綴る感動と涙の物語<小説>)
      講談社『箱根駅伝 青春群像』の案内へリンク


『箱根駅伝 - 世界へ駆ける夢』―読売新聞運動部 (著)(13.11.25
    中央公論新社発行 (2013年11月25日発行) 1500円+税(1575円)256ページ
     (内容:ランナーたちの足跡・花の2区を駆けたエースたち・箱根が生んだ世界的ランナー・福島の系譜
         ・悲運を越えて・箱根が生んだ名監督・留学生の衝撃・学連選抜の存在意義・箱根駅伝の歴史
      中央公論新社『箱根駅伝 - 世界へ駆ける夢』の案内へリンク



『別冊宝島2094 箱根駅伝2014』(13.11.19
    宝島社発行 (2013年11月15日発売) 1000円+税(1050円)113ページ
     (内容:服部翔大(日体大) インタビュー/注目の選手インタビュー:早大大迫・上武山岸/監督インタビュー:別府・中野・西/
         第90回出場23校主要選手一覧/予選会レポート/箱根OBの今(竹沢・今井)/箱根駅伝PLAYBACK
      『別冊宝島 箱根駅伝2014』の案内へリンク



『箱根駅伝 コトバ学』(生島 淳 著(13.11.19
     (ベースボールマガジン社発行   2013年11月16日発行 1300円+税(1365円) 184ページ
     (内容:第1章 人:瀬古さん・夫婦・主将 他 第2章 歳時記と生活 体重・食事・休日 他
         第3章 土地、場所:出雲・伊勢・九州・大手町 他 )
      ベースボールマガジン社『箱根駅伝 コトバ学』 関連のリンク


『箱根駅伝 勝利の方程式』-講談社α文庫-(生島 淳 著(13.11.9
     (講談社発行(03-5359-5817)   2013年10月21日発行 700円+税(735円)文庫版 238ページ
     (内容:第1章 駒大 大八木監督 第2章 早大 渡辺監督 第3章東洋 酒井監督 第4章 日体大 別府監督 
         第5章 山学 上田監督 第6章 神大 大後監督 第7章 順大 沢木監督 )
      講談社『箱根駅伝 勝利の方程式』 案内へ リンク


『大学駅伝2013-秋号』-陸上競技マガジン10月号増刊(13.10.4
    ベースボールマガジン社発行 (2013年10月4日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:戦国駅伝の幕開け:3強の現在地/青学・法・明・早夏合宿/逆襲の狼煙&古豪復活への道
        /3大駅伝出場出場大学選手名鑑/出雲・全日本・箱根予選会  展望&コース図、歴代出場校成績)
      陸マガHPの『大学駅伝2013-秋号』の案内へリンク



『陸上競技 駅伝・長距離 Part.3』B.B.MOOK 976(13.9.23
    ベースボールマガジン社発行 (2013年9月19日発売) 1143円+税(1200円)
     (内容:[トップランナーからのメッセージ(大迫・中本・宇賀地)]・[クローズアップ(上原美幸:鹿児島女子)]
         [駅伝強豪校のトレーニング法を大公開!:西脇工・伊賀白鳳・小林・西京・神村・白鵬女子・長野東]
      陸マガHPの『陸上競技 駅伝・長距離 Part.3』の案内へリンク



『大学駅伝2013-夏号』The Heroes-陸上競技マガジン6月号増刊(13.6.13
    ベースボールマガジン社発行 (2013年6月10日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:エースの誓い・SUPER ROOKIE列伝・2013ルーキー名鑑・それぞれの逆襲
         大学駅伝データバンク・お役立ち&バラエティ企画)
      陸マガHPの『大学駅伝2013-夏号』の案内へリンク



『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊(13.2.6
    ベースボールマガジン社発行 2013年2月4日発売 1200円(1143円+税)
     (内容:日体大30年ぶり10度目の箱根V/どん底から頂点に上り詰めた1年の軌跡/首脳陣対談 別府監督×服部主将
     ・TOPICS帝京大vs早大ラスト100mの攻防・13HEROES田口雅也(東洋大2年) 設楽啓太&悠太(他)
      ベースボールマガジン社HPの『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊』の案内へリンク


スポーツ報知『箱根駅伝総集編』(13.1.13
    報知新聞社発行 2013年1月11日発売 300円
     (内容:山の新星服部・20チーム全選手写真&コメント・90回大会は原点回帰(学連幹事長)・ごぼう抜き記録他:タブロイド版28ページ)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝総集編』の案内へリンク


『第89回箱根駅伝』-陸上競技マガジン2月号増刊(12.1.9
    ベースボールマガジン社発行 2013年1月9日発売 980円(933円+税)
     (内容:東京箱根間217.9km 激走の記憶 区間ダイジェスト・日体大、前回19位から頂点へ。・東洋大 不完全燃焼の悔しさと成長の手応えと
      駒澤大 最速から強さへ。未来へつながる道が始まる  総括対談 神屋×徳本・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第89回箱根駅伝-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『箱根駅伝歴史シリーズ全3巻 【第3巻】箱根もの知り辞典』(12.12.30
    ベースボールマガジン社発行 (2012年12月28日発売) 1429円+税(1500円)
     (内容:究極対決!!―劇的をうみだす構図―/全10区間別HISTORY/エース/ライバル対決/山のスペシャリスト/
       /ゴボウ抜き/衝撃の4年連続区間賞男/4年連続区間賞/箱根経由五輪/留学生/兄弟双子/最高成績・至近20年全成績付き
      『箱根もの知り辞典』の案内へリンク



『箱根駅伝特別号』箱根駅伝観戦ガイド(12.12.26
    報知新聞社発行 2012年12月25日発売 300円
     (内容:出場20チーム、318選手の顔写真付き名鑑・MAP・前哨戦:タブロイド版32ページ)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝特別号』の案内へリンク


『箱根駅伝2013公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(12.12.20
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2012年12月20日発売 1000円(952円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版146ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2013公式ガイドブック』の案内へリンク


『Number Do 2013 Winter号』(12.12.20
     文芸春秋社発行(03-3265-1211)   2012年12月20日発売 838円+税=880円
     (内容:箱根駅伝を超えていく男たち(駒大 窪田/東海大 村澤)/三度、「山の神」は現れるのか/偏愛的箱根コースMAP
       金哲彦が教えるランナーのための箱根観戦術/箱根駅伝、変貌の瞬間/ノンフィクションつながらなかった襷  
      文芸春秋社『Number Do 2013 Winter号』 案内へ リンク


『Number 819号』(12.12.20
     文芸春秋社発行(03-3265-1211)   2012年12月20日発売 524円+税=550円
     (内容:第2特集 箱根駅伝2013プレビュー  戦国駅伝を読み解く文◎生島淳
         東洋大/駒澤大/青山学院大 鍵を握る「4年生力」と「ゲームチェンジャー」
         完全ガイド文◎小川勝/折山淑美/小堀隆司/松山梢
         箱根駅伝を楽しむための10の論点:注目選手/留学生/学連選抜/データ分析/キーワード集
         都道府県ランキング/女性ファン/監督の戦い/学生メディア/優勝予想アンケート
      文芸春秋社『Number 819号』 案内へ リンク


『週刊ポスト 25年1/1・11号』(12.12.20  2012年12月20日発売 420円(400円+税)
    (内容:「グラビア:テレビ観戦を10倍楽しむための箱根駅伝検定30問 」)
      小学館HPの『週刊ポスト』の案内へリンク


『Yokohama Walker 25年1/4号』(12.12.16  2012年12月11日発売 500円(476円+税)
    (内容:「ジモト神奈川大学の力走に期待!第89回箱根駅伝 」)
      角川書店HPの『横浜ウォーカー』の案内へリンク


『ニューイヤー駅伝2013−第57回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(12.12.15
    サンデー毎日臨時増刊 2012年12月14日発売 571円+税(600円)
    (37チームカラー選手名鑑・この選手に注目・マラソンへのアプローチと駅伝・大会展望:A4版130ページ)
     毎日新聞『ニューイヤー駅伝2013』の案内へリンク


『人を育てる箱根駅伝の名言』(生島淳著)(12.12.15
     (ベースボールマガジン社発行(03-3238-0181)   2012年12月20日発行 1300円+税(1365円) 192ページ
     (内容:第1章 人を育てる  第2章 勝つために何をすべきか  第3章 箱根への憧憬 
         第4章 箱根路を走って……選手たちの実感  第5章 世界を見据えて )
      『人を育てる箱根駅伝の名言』 案内へ リンク



『箱根駅伝 ガイド決定版2013』(12.12.4
    読売新聞社発行 (2012年12月3日発売) 552円+税(580円)
     (内容:箱根路を駆け抜け、世界へ/エースたちの挑戦/出場チーム徹底解剖)
     /直前ルポ ポスト柏原は群雄割拠/インタビュー監督たちの戦略)
      読売新聞の『箱根駅伝ガイド決定版2013』の案内へリンク



『箱根駅伝2013完全ガイド』-陸上競技マガジン1月号増刊(12.12.3
    ベースボールマガジン社発行 (2012年12月3日発売) 952円+税(1000円)
    (内容:Vロードの主役:駒青洋・王座へ虎視眈:早明体 ・上位争い台風の目・
        シード争いを支配しろ・再上昇の気流・他
        全20チームの選手名鑑)
      陸マガHPの『箱根駅伝2013』の案内へリンク



『箱根駅伝歴史シリーズ全3巻 【第2巻】伝統の継承者たち』(12.12.3
    ベースボールマガジン社発行 (2012年12月3日発売) 1429円+税(1500円)
     (内容:柏原22:18 2012/12/03(東洋大OB)〜走ることでつないだ絆〜/箱根発・メダリスト/名将が奏でた激闘の記憶/
       衝撃の4年連続区間賞男/箱根を創った人々/箱根路に咲いた追憶のランナー
      『伝統の継承者たち』の案内へリンク



『クイーンズ駅伝in宮城2012 公式ガイドブック』(12.12.3
    サンデー毎日増刊 2012年12月1日発行・発売 667円+税(700円)(A4版114ページ)
    (内容:この選手に注目!:新谷・野口・田中・福士・小林
        女子マラソン ロンドン五輪教訓・新コース検証
        大会展望・大会全記録・カラー選手名鑑)
      毎日新聞『女子駅伝2012』の案内へリンク

『箱根駅伝 新ブランド校の時代』-幻冬舎新書-(生島 淳 著(12.11.29
     (幻冬舎発行(03-5411-6222)   2012年11月9日発売 798円(税込) 新書版 226ページ
     (内容:第1章 ポスト柏原の時代 第2章 東洋 酒井監督 第3章 気になるMARACH 
         第4章 青学 原監督 第5章 上武 花田監督)
      幻冬舎『箱根駅伝新ブランド校の時代』 案内へ リンク


『完全ガイド箱根駅伝』−報知グラフ1月増刊号(12.11.29
    報知新聞社発行 (2012年11月28日発行) 571円+税(600円)
     (内容:箱根路を彩るヒーローたち・スぺシャルインタビュー(藤原新)・大会展望(東洋大連覇なるか・最後?学連選抜)
     ・全出場校選手名鑑・アラカルト:ごぼう抜き記録など)
      スポーツ報知の『完全ガイド箱根駅伝』の案内へリンク



『駅伝王国ふくしま2013−襷を紡いで』(12.11.29
    (株)財界21発行 (2012年11月10日発行) 952円+税(1000円)
     (内容:世界で活躍する社会人選手たち(富士通:藤田敦・村上康・高嶺・星創太・柏原竜二、トヨタ九州:今井)/
     福島が生んだ「箱根駅伝」の指導者・選手たち・座談会「私の箱根駅伝―母校の襷から学んだこと―」など)
      (株)財界21の『駅伝王国ふくしま2013−襷を紡いで』の案内へリンク



『箱根駅伝を歩く』(泉麻人 著)(12.11.28
    平凡社発行 (2012年11月21日発行) 1500円+税(1575円)
     (内容:序章(歩き始める前に)/1区(10区)大手町→鶴見(消えゆく名難所)/2区(9区)鶴見→戸塚(権太坂上のすき家)/
         3区戸塚→平塚(松並木とホテルエンパイア)/4区(8区)平塚→小田原(河野兄弟の走った道)/
         5区小田原→箱根(驚愕の箱根駅伝マニア)/おわりに
      平凡社の『箱根駅伝を歩く』の案内へリンク



『別冊宝島1925 箱根駅伝2013』(12.11.23
    宝島社発行 (2012年11月15日発売) 1000円+税(1050円)
     (内容:柏原竜二(富士通)インタビュー/ポスト柏原を追え! 〜2013年大会の注目ランナー〜/駒大大八木駅伝監督インタビュー/
         2013年第89回大会の展望/予選会レポート 箱根路を賭けた戦い/箱根駅伝PLAYBACK
      『別冊宝島 箱根駅伝2013』の案内へリンク



『箱根駅伝歴史シリーズ全3巻 【第1巻】激闘の予選会史』(12.11.8
    ベースボールマガジン社発行 (2012年11月2日発売) 1429円+税(1500円)
     (内容:"第89回箱根駅伝予選会/櫛部静二  初めて掛けた、見えないタスキ/こじ開けた箱根の扉 歓喜に沸いた初出場/
         激闘の学校別予選会史/学連選抜の誇り(川内・梶原)/数字で見る箱根駅伝予選会
      『激闘の予選会史』の案内へリンク



『大学駅伝強豪校の練習法』速くなるためのノウハウを完全公開!--B.B.MOOK 850 スポーツシリーズ No.720(12.11.8
    ベースボールマガジン社発行 (2012年10月13日発売) 933円+税(980円)
     (内容:学生長距離・強化の系譜・東洋大学/駒澤大学/明治大学/早稲田大学/青山学院大学/城西大学/順天堂大学/中央大学
      ベースボール・マガジン社の『大学駅伝強豪校の練習法』の案内へリンク



『大学駅伝2012-秋号』-陸上競技マガジン10月号増刊(12.9.29
    ベースボールマガジン社発行 (2012年10月1日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:"伝説を塗り替えろ!駅伝新時代の幕開け/3大駅伝出場校 写真名鑑&戦力分析/密着取材 有力校の夏合宿ルポ/
         [徹底展望]第24回出雲全日本大学選抜駅伝、第44回全日本大学駅伝、第89回箱根駅伝予選会、
         第89回箱根駅伝/箱根駅伝予選会の記録で見る困難化する本戦出場への道程
      陸マガHPの『大学駅伝2012-秋号』の案内へリンク



『大学駅伝2012-夏号』The Heroes-陸上競技マガジン6月号増刊(12.6.8
    ベースボールマガジン社発行 (2012年6月4日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:"神"の後のヒーローたち・GOLDEN ROOKIES・2012ルーキー名鑑・大学駅伝を掘り下げる
         37大学部員名簿・お役立ち&バラエティ企画)
      陸マガHPの『大学駅伝2012-夏号』の案内へリンク



『Number Do 2012 Spring号』(12.2.27
     文芸春秋社発行(03-3265-1211)   2012年03月15日発売 838円+税=880円
     (内容:高橋尚子×柏原竜二 「マラソンを走るヒント、教えます」  第2特集 やっぱり箱根駅伝が好きだ 
         出場19大学、180人にアンケート 「箱根駅伝の素顔と魅力」 ノンフィクション 箱根を走れなかった男たち
      文芸春秋社『Number Do 2012 Spring号』 案内へ リンク


『走れ、優輝!』(川内美加 著(12.2.27
     中央公論新社発行(03-3563-1431)   2012年2月25日発行 1200円+税 144ページ
     (内容:第1章 三兄弟に恵まれて 第2章 走る楽しさを知った中学時代 第3章 苦悩の日々と父の死 
         第4章 箱根へ 第5章市民ランナーとして )
      中央公論新社『走れ、優輝!』 案内へ リンク


『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊(12.2.3
    ベースボールマガジン社発行 2012年2月2日発売 1200円(1143円+税)
     (内容:柏原竜二(主将)×酒井俊幸(監督)×佐藤尚(コーチ)箱根に生まれた最強伝説
     ・最強・東洋大の礎を築いた4年間・柏原竜二の強さの秘密と可能性・他)
      ベースボールマガジン社HPの『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊』の案内へリンク


『第88回箱根駅伝』-陸上競技マガジン2月号増刊(12.1.15
    ベースボールマガジン社発行 2012年1月11日発売 980円(933円+税)
     (内容:東京箱根間217.9km 激走の記憶 区間ダイジェスト・ラスト柏原に捧げた平地からの"正の連鎖"・東洋大、柏原がいたからこそ 駒沢大 強さの差 明大 "古豪復活"!? 有言実行の総合3位 早大 黄金の輝きを取り戻すために ・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第88回箱根駅伝-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『箱根駅伝特別号』箱根駅伝観戦ガイド(11.12.30
    報知新聞社発行 2011年12月23日発売 300円
     (内容:出場20チーム、320選手の顔写真付き名鑑・MAP・前哨戦:タブロイド版32ページ)
      報知新聞社HPの『箱根駅伝特別号』の案内へリンク


『箱根駅伝2012公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(11.12.30
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2011年12月21日発売 1000円(952円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版146ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2012公式ガイドブック』の案内へリンク


『箱根駅伝に賭けた夢』-金栗四三がおこした奇跡-(佐山 和夫 著(11.12.30
     (講談社発行(03-5395-3622)   2011年12月8日発行 1400円+税 226ページ
     (内容:第1章 100年の時を超えて 第2章 オリンピックまでの道程 第3章 灼熱のストックホルム 
         第6章 箱根駅伝を創った男  他 )
      講談社『箱根駅伝に賭けた夢』 案内へ リンク


『ニューイヤー駅伝2012−第56回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(11.12.17
    サンデー毎日臨時増刊 2011年12月15日発売 571円+税(600円)
    (37チームカラー選手名鑑・この選手に注目・ロンドンへの道(ケニアに学ぶ)・大会展望/テレビ観戦がもっと楽しくなる:A4版130ページ)
     毎日新聞『ニューイヤー駅伝2012』の案内へリンク


『女子駅伝2011−第31回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(11.12.12
    サンデー毎日増刊 2011年12月17日発行 12月3日発売 667円+税(700円)
    (A4版122ページ)
    (内容:この選手に注目!:野口・赤羽・尾崎・小林・福士・藤田
        これが新コースだ!・ロンドン五輪への課題・
        大会展望・大会全記録・カラー選手名鑑)
      毎日新聞『女子駅伝2011』の案内へリンク



『箱根駅伝』-幻冬舎新書-(生島 淳 著(11.12.6
     (幻冬舎発行(03-5411-6222)   2011年11月30日発行 2011年11月28日発売 798円(税込) 新書版 226ページ
     (内容:第1章 区間配置の知恵比べ 第2章 いまや時代は「花の五区」? 第3章 監督はつらいよ 
         第4章 駒大大八木監督一問一答 第5章 いま、留学生は必要なのか?  他 )
      幻冬舎『箱根駅伝』 案内へ リンク


『箱根駅伝 激闘の記憶』-MOOK(11.12.6
    ベースボールマガジン社発行 (2011年12月5日発売) 1500円
    (内容:[スペシャル対談]『Wの伝統』を語る 瀬古利彦×渡辺康幸/[クローズアップ]2012、柏原竜二(東洋大)集大成の山へ
     /巻末DATA BOX 箱根駅伝全記録1920-2011/[OB座談会]忘れじの日・中黄金時代、箱根駅伝思い出のランナー110選)
      ベースボールマガジン社HPの『箱根駅伝 激闘の記憶』の案内へリンク



『箱根駅伝2012完全ガイド』-陸上競技マガジン1月号増刊(11.12.6
    ベースボールマガジン社発行 (2011年12月5日発売) 952円+税(1000円)
    (内容:特集!柏原竜二が挑む最後の山・真の王者を目指して 東洋大 駒大 早大 ・V戦線に嵐を呼ぶ男たち ・
        27年途切れないタスキ・混沌 シード争い・他
        全20チームの主力選手名鑑)
      陸マガHPの『箱根駅伝2012』の案内へリンク



『箱根駅伝 ガイド決定版2012』(10.12.6
    読売新聞社発行 (2010年12月5日発売) 552円+税(580円)
     (内容:エースたちの激突・出場チーム徹底解剖)
     ・直前ルポ 駒大が一歩リードか 焦点は柏原の最後の5区・インタビュー川内優輝)
      読売新聞の『箱根駅伝ガイド決定版2012』の案内へリンク




『完全ガイド箱根駅伝』−報知グラフ1月増刊号(11.11.28
    報知新聞社発行 (2011年11月28日発売) 571円+税(600円)
     (内容:箱根を熱く駆けるヒーローたち・スぺシャルインタビュー(東国原・増田明美)・大会展望(駒大・東洋大・早大3強の争いか)
     ・全出場校選手名鑑・アラカルト:ごぼう抜き記録など)
      スポーツ報知の『完全ガイド箱根駅伝』の案内へリンク




『駅伝流 早稲田はいかに人材を育て最強の組織となったか?』-文春新書-(渡辺 康幸 著(11.11.24
     (文藝春秋社発行(03-3265-1111)   2011年11月20日発行 2011年11月18日発売 714円(税込) 新書版 167ページ
     (内容:第1章 勝利までの2469日 第2章 負の連鎖を断ち切るために 第3章 駅伝「勝利の方程式」 
         第4章 人材をいかに獲得し育てるか 第5章 駅伝指導者の条件 )
      文藝春秋社『駅伝流 早稲田はいかに・・』 案内へ リンク



『「総合力」で勝つチーム術』−早稲田駅伝チームに学ぶマネジメント(渡辺 康幸 著(11.11.08
     (日本能率協会マネジメントセンター発行(03-6253-8012)   2011年11月10日発行 2011年11月2日発売 1575円(税込) 四六版 222ページ
     (内容:第1章 総合力が発揮されるしくみ 第2章 目標共有力 第3章 つながる力 第4章 リーダーシップ
         第5章 組織を突き動かすための刺激 第6章 管理者は目標を掲げ、場をつくり、観察する)
      日本能率協会マネジメントセンター『「総合力」で勝つチーム術』 案内へ リンク



『大学駅伝2011-秋号』-陸上競技マガジン10月号増刊(11.10.3
    ベースボールマガジン社発行 (2011年10月3日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:2011駅伝シーズンの主役たち・3冠候補横一線(早・東洋・駒)
      ・3強への挑戦状・3大駅伝出場大学選手名鑑・43大学部員名簿)
      陸マガHPの『大学駅伝2011-秋号』の案内へリンク




『大学駅伝2011-夏号』The Rookies-陸上競技マガジン6月号増刊(11.6.3
    ベースボールマガジン社発行 (2011年6月1日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:2011 Shining Rookie・2011有力ルーキー32選手カタログ・全国主要36大学ルーキー名鑑・36大学部員名簿)
      陸マガHPの『大学駅伝2011-夏号』の案内へリンク




『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊(11.2.2
    ベースボールマガジン社発行 2011年2月2日発売 1200円(1143円+税)
     (内容:早大、史上3校目の大学駅伝3冠渡辺康幸(早大駅伝監督)ロングインタビュー・WASEDA3冠戦士 臙脂のメロスたち・箱根路に響いたエースの鼓動・大学駅伝4つの「?」・他)
      ベースボールマガジン社HPの『大学駅伝決算号』-陸上競技マガジン3月号増刊』の案内へリンク


『第87回箱根駅伝』-陸上競技マガジン2月号増刊(11.1.8
    ベースボールマガジン社発行 2011年1月8日発売 980円(933円+税)
     (内容:200人のランナーが奏でた 襷の競争曲 区間ダイジェスト・早大3冠で18年ぶり13度目に花・東洋大、3連覇ならず。可能性をつぶした誤算 ・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第87回箱根駅伝-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『箱根駅伝2011公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(10.12.21
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2010年12月22日発売 1000円(952円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版146ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2011公式ガイドブック』の案内へリンク


『ニューイヤー駅伝2011−第55回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(10.12.21
    サンデー毎日臨時増刊 2009年12月15日発売 571円+税(600円)
    (37チームカラー選手名鑑・この選手に注目・今季は若手選手から目が離せない!・大会展望/テレビ観戦がもっと楽しくなる:A4版130ページ)
     毎日新聞『ニューイヤー駅伝2011』の案内へリンク


『箱根駅伝2011完全ガイド』-陸上競技マガジン1月号増刊(10.12.9
    ベースボールマガジン社発行 (2010年12月8日発売) 952円+税(1000円)
    (内容:東洋大のV3に死角は !?・出場19校の天下分け目の5区対策を探る ・早稲田大学 3冠で完結!エンジの新伝説・
        駒沢大学 INTERVIEW 大八木弘明監督・上位へ虎視眈眈(日体・明大・中大・東海・城西)・他
        全20チームの主力選手名鑑&戦力分析)
      陸マガHPの『箱根駅伝2011』の案内へリンク



『箱根駅伝 ガイド決定版2011』(10.12.8
    読売新聞社発行 (2010年12月8日発売) 552円+税(580円)
     (内容:勝負の鍵を握るのは誰だ?・出場チーム徹底解剖)
     ・圧倒的な強さで拓大が2年ぶりに箱根の切符を手に!・金哲彦さんとTOKIOの山口達也さんの対談)
      読売新聞の『箱根駅伝ガイド決定版2011』の案内へリンク




『女子駅伝2010−第30回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(10.12.7
    サンデー毎日臨時増刊 2010年12月7日発売 571円+税(600円)
    (A4版106ページ)
    (内容:駅伝日本一を目ざす注目選手:小島・勝又・吉川・木崎・福士・西見
        特別インタビュー窪田(旧荒木)久美・シスメックスと野口みずきの挑戦
        大会展望・コースガイド・大会全記録・カラー選手名鑑)
      毎日新聞『女子駅伝2010』の案内へリンク       セブンネットショッピング『女子駅伝2010』の案内へリンク



『完全ガイド箱根駅伝』−報知グラフ1月増刊号(10.12.2
    報知新聞社発行 (2010年12月1日発売) 571円+税(600円)
     (内容:箱根を熱く駆けるヒーローたち・谷口浩美の大会展望(東洋大3連覇か、早大3冠か)
     ・激戦予選会・全出場校選手名鑑・初の生中継秘話)
      スポーツ報知の『完全ガイド箱根駅伝』の案内へリンク




『大学駅伝2010-秋号』陸上競技マガジン10月号増刊(10.10.8
    ベースボールマガジン社発行 (2010年10月2日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:主役の座は譲れない・エースのプライド ・一からの挑戦・全国主要27大学選手名鑑・42大学部員名簿)
      陸マガHPの『大学駅伝2010-秋号』の案内へリンク




『大学駅伝2010-夏号』The Rookies-陸上競技マガジン8月号増刊(10.6.22
    ベースボールマガジン社発行 (2010年6月18日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:2010 GOLDEN ROOKIES・2010有力ルーキー29選手カタログ・全国主要35大学ルーキー名鑑・39大学部員名簿)
      陸マガHPの『大学駅伝2010-夏号』の案内へリンク




『走る意味』−命を救うランニング(金哲彦 著(10.2.28
     講談社現代新書(03-5395-3521)   2010年2月20日発行 2010年2月18日発売 800円+税(840円) 296ページ
     (内容:序章 2007年、復活のゴールドコースマラソン・第1章 2006年ガン宣告、手術からゴールドコーストまで
        第2章 子どものころから走ることが好きだった・第3章 高校ではキャプテン、早稲田大学へ
        第4章 1982年早稲田大学入学 箱根駅伝30年ぶりの優勝・第5章 中村清監督との訣別、箱根連続優勝へ
        第6章 伝統の早稲田から、革新のリクルートへ・第7章 転機の天安門事件 夢の実現
        第8章 海外へ バルセロナへ・第9章 日本一強い実業団の監督に
        第10章 クラブチームを率いる 走る喜びを伝える)
      講談社『走る意味』 案内へ リンク



『育てて活かして勝つ』−常勝軍団はこうして作られた(大八木弘明 著(10.2.23
     (株)コスミック出版発行(03-3814-7498)   2010年2月10日発行 2010年1月21日発売 1300円(税込) 四六版 240ページ
     (内容:第1章 監督という仕事 第2章 陸上部再生 第3章 箱根初優勝 第4章 常勝軍団の秘密
         第5章 大八木流 采配と育成術 第6章 指導者としての夢)
      コスミック出版『育てて活かして勝つ』 案内へ リンク



『第86回箱根駅伝』-陸上競技マガジン2月号増刊(10.1.9
    ベースボールマガジン社発行 2010年1月9日発売 860円(819円+税)
     (内容:217.9kmの熱闘グラフ・箱根路の風と光と・酒井俊幸監督(東洋大)インタビュー・駒大 反攻の狼煙をあげて準優勝・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第86回箱根駅伝-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『スポーツ報知:箱根駅伝観戦ガイド』(タブロイド版の新聞:駅売店・コンビニで販売中:200円) (09.12.28
     『スポーツ報知・箱根駅伝特別号』の案内へリンク


『箱根駅伝2010』-陸上競技マガジン12月号増刊(09.12.5
    ベースボールマガジン社発行 (2009年12月9日発売) 857円+税(900円)
    (内容:連覇へのタスキ(東洋)・逆襲のタスキ(早・駒・日体)・炸裂!留学生パワー(日・山学)・
        戦国箱根の風雲児(明・農・大東・中学・中)・白熱!シード争奪戦(専・城西・亜・帝)・他
        注目の5区をClose UP・川嶋氏に聞く−オーダー決定ポイント・86回展望・
        全20チームの最新情報・選手名鑑)
      Amazonの『箱根駅伝2010』の案内へリンク
      陸マガHPの『箱根駅伝2010』の案内へリンク



『箱根駅伝2010公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(09.12.19
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2010年1月2日発行(12月19日発売) 1000円(952円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版146ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2010公式ガイドブック』の案内へリンク


『ニューイヤー駅伝2010−第54回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(09.12.16
    サンデー毎日臨時増刊 2009年12月15日発売 571円+税(600円)
    (37チームカラー選手名鑑・この選手に注目・1秒差の激戦 区間変更の検証・「コーチ」という仕事:A4版130ページ)
     毎日新聞『ニューイヤー駅伝2010』の案内へリンク

『Yokohama Walker 12/16-1/5号』(09.12.16 350円(333円+税)
    (内容:「ジモトで生観戦!箱根駅伝・【ハマスポ】東海大、悲願の総合優勝へ! 第86回箱根駅伝 」)

      角川書店HPの『横浜ウォーカー』の案内へリンク



『箱根駅伝 ガイド決定版2010』(09.12.9 
     読売新聞東京本社発行(03-3242-1111)   2009年12月8日発売  580円(552円+税)
     (内容:注目のランナー・各校それぞれの夏合宿・監督激白/出場チーム戦力分析・
         1区から10区まで見どころ案内/箱根駅伝追っかけコラム・
        スペシャルトーク/瀬古利彦・特別インタビュー小出恵介)
      読売新聞社「箱根駅伝 ガイド決定版2010」 案内へ リンク



『女子駅伝2009−第29回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(09.12.3
    サンデー毎日臨時増刊 2009年12月発行 571円+税(600円)
    (A4版114ページ)
    (内容:駅伝日本一を目ざす注目選手:尾崎・中村・新谷・木崎・佐伯・野上
        特別インタビュー小出義雄・外国人選手2区限定でレースはどう変わる?
        大会展望・コースガイド・大会全記録・カラー選手名鑑)
      毎日新聞『女子駅伝2009』の案内へリンク


『報知グラフ1月増刊号:箱根駅伝観戦ガイド2010』(09.12.1
      報知新聞社発行(03-5479-1285)   2009年11月30日発売   600円(税込) A4版 88ページ
     (内容:箱根を熱くするヒーローたち・「箱根で育った」瀬古・山下りの英雄 谷口・箱根駅伝と学生気質・激闘の予選会
         ・全出場校選手名鑑・箱根検定全50問)
     『報知グラフ:箱根駅伝観戦ガイド2010』の案内へリンク

『魂の走り―鉄紺の誇りを胸に―』(石井安里 著(09.11.20東洋大箱根駅伝初優勝の記録)
      (株)埼玉新聞社発行(048-795-9936)   2009年6月30日発行   900円(税込) A5版 80ページ
     (内容:1.区間ダイジェスト 2.人物クローズアップ 3.強さの秘密 4.初優勝の舞台裏 5.恩師からのメッセージ
         6.シーズンレビュー2008 7.栄光までの軌跡 8.OBの声 9.選手の日常を公開します!)
      埼玉新聞社「魂の走り―鉄紺の誇りを胸に―」 案内へ リンク
      お取り寄せサイトの「魂の走り―鉄紺の誇りを胸に―」 案内へ リンク



『大学駅伝2009-秋号』-陸上競技マガジン10月号増刊(09.10.4
    ベースボールマガジン社発行 (2009年10月2日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:「BIG3の今に迫る!」いざ、頂点へ・旋風を巻き起こせ・キーマン徹底解剖・全国主要30大学選手名鑑・42大学部員名簿・
         「大学駅伝2009」でしか読めない特別企画・駅伝アラカルト)
      陸マガHPの『大学駅伝2009-秋号』の案内へリンク




『監督−挫折と栄光の箱根駅伝』(川嶋伸次(元東洋大学陸上競技部監督)著(09.8.7
      バジリコ(株)(03-5625-4420)   2009年8月5日発売   1680円(税込)
     (内容:事件・ランナー川嶋伸次・箱根駅伝・スランプ・オリンピック・監督川嶋伸次
         再び箱根駅伝・チーム改革・走る意味・箱根制覇)
      バジリコ(株)「監督−挫折と栄光の箱根駅伝」 案内へ リンク



『大学駅伝2009-夏号』The Rookies-陸上競技マガジン8月号増刊(09.7.18
    ベースボールマガジン社発行 (2009年7月16日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:注目チームの新戦力紹介&最新事情・全国主要33大学ルーキー名鑑&戦力分析・40大学部員名簿・
         出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝展望)
      陸マガHPの『大学駅伝2009-夏号』の案内へリンク




『第85回箱根駅伝』-陸上競技マガジン2月号増刊(09.1.9
    ベースボールマガジン社発行 2009年1月9日発売 860円(819円+税)
     (内容:217.9kmの熱闘グラフ・鉄紺とエンジの新たな伝説・東洋大学初優勝の内側・抗う心(竹澤健介の走った道)・他)
      ベースボールマガジン社HPの『第85回箱根駅伝-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク


『Number1/22』(09.1.9))
    文芸春秋社発行 2009年1月9日発売 530円(505円+税)
     (内容:箱根駅伝(1) 激走レポート・東洋大学初優勝「栄光と無残」 
         箱根駅伝(2) 緊急インタビュー 柏原竜二(東洋大)「“神様”と呼ばないで」)
     『Number1/22』の案内へリンク



『スポーツ報知:箱根駅伝観戦ガイド』(タブロイド版の新聞:駅売店・コンビニで販売中:200円) (08.12.25
     『スポーツ報知・箱根駅伝特別号』の案内へリンク

『ランナーズ 2月号』(08.12.23 )
   (株)ランナーズ発行 2008年12月22日発売 880円(838円+税)
    (内容:「箱根駅伝直前企画 俊足ランナー失速の原因は脱水ではなく脳にあった」・別冊付録「ランニング事典」)

      (株)ランナーズHPの『ランナーズ』の案内へリンク

『箱根駅伝2009公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(08.12.20
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2009年1月2日発行(12月20日発売) 1000円(952円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版146ページ)
      陸上競技社HPの『箱根駅伝2009公式ガイドブック』の案内へリンク

『箱根駅伝パーフェクトガイド』(08.12.18 500円(476円+税)
     読売新聞東京本社発行(03-3242-1111)   2008年12月18日発売   1575円(1500円+税)
     (内容:大八木監督箱根に聞く・クローズアップ早稲田・注目選手紹介・瀬古さんが語る・雑学Q&A)
      読売新聞社「箱根駅伝 パーフェクトガイド」 案内へ リンク

『Yokohama Walker 1/5号』(08.12.20 350円(333円+税)
    (内容:「箱根駅伝はジモトで生観戦しよう!」)

      角川書店HPの『横浜ウォーカー』の案内へリンク

『Tokyo Walker 1/5号』(08.12.20 350円(333円+税)
    (内容:「初めての箱根駅伝は大手町に限る! 」)

      角川書店HPの『東京ウォーカー』の案内へリンク

『サライ 2009 1/5号』に「箱根駅伝観戦ガイド」 (08.12.182008年12月18日発売 500円(476円+税)
   −宇佐美彰朗さんによるレース展開予想・各大学エース紹介−
     小学館HPの『サライ1月5日号』の案内へリンク

『ニューイヤー駅伝2009−第53回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(08.12.16
    サンデー毎日臨時増刊 2008年12月15日発売 571円+税(600円)
    (37チームカラー選手名鑑・この選手に注目・特別インタビュー朝原宣治・北京惨敗からの再出発:A4版128ページ)
     毎日新聞『ニューイヤー駅伝2009』の案内へリンク

『監督と大学駅伝』(生島淳 著 08.12.14
     (株)日刊スポーツ出版社発行(03-3546-5711)   2008年12月12日発売   1575円(1500円+税)
     (内容:箱根駅伝を戦う7監督に、スポーツジャーナリスト生島淳氏がインタビュー
         大八木駒大監督・渡辺早大監督・上田山梨学大監督・別府日体大監督
         大後神奈川大監督・青葉大東大特別顧問・澤木順大部長)
      日刊スポーツ出版社「監督と大学駅伝」 案内へ リンク


『箱根駅伝2009』-陸上競技マガジン1月号増刊(08.12.9
    ベースボールマガジン社発行 (2008年12月9日発売) 857円+税(900円)
     (内容:23チーム選手写真名鑑&戦力分析・箱根新時代 23の誓い・箱根駅伝データ&トピックス)
      陸マガHPの『箱根駅伝2009』の案内へリンク


『女子駅伝2008−第28回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(08.12.4
    サンデー毎日臨時増刊 2008年12月発行 571円+税(600円)
    (A4版114ページ)
    (内容:駅伝日本一を目ざす注目選手:中村・福士・渋井・赤羽・尾崎・若月
        小所帯・日本ケミコンの奮闘、駅伝のトレーニングとチーム作り
        大会展望・コースガイド・大会全記録・カラー選手名鑑)
      毎日新聞『女子駅伝2008』の案内へリンク       セブンアンドワイ『女子駅伝2008』の案内へリンク


『自ら育つ力−早稲田駅伝チーム復活への道−』(渡辺 康幸(現・早稲田大学競走部 駅伝監督)著 08.12.1))
    日本能率協会マネジメントセンター発行(03-6253-8012)   2008年12月1日発売   1575円(1500円+税)
      四六判並製 232ぺージ

     (内容:10年以上低迷を続けていた名門・早稲田大学駅伝チームを、4年で12年ぶり箱根駅伝往路優勝に導いた、
     常に勝ち続けるための【自己成長のしくみ】を公開!   かつて「史上最強ランナー」「伝説の男」と
     呼ばれた著者は、「超急成長」と「超転落」の稀有な体験から何を導き出したのか?)

      内容・目次はこちらへ
      日本能率協会マネジメントセンターの『自ら育つ力』の案内へ リンク
        〃 eショップ 詳細案内へ リンク




『箱根駅伝』男たちの記録(08.10.28
     (株)宝島社発行 (2008年10月18日発売) 文庫版  562円+税(590円)
     (内容:箱根を走った名ランナー・ヒストリーオブ「箱根駅伝」1989-2008(全区間の全選手記録リスト))
      宝島社の「『箱根駅伝』男たちの記録」の案内へリンク



『冬の喝采』(黒木亮 著 08.10.25
     (株)講談社発行(03-5395-3615)   2008年10月20日発行   2100円(2000円+税)
     (内容: 「小説現代」連載の単行本化:

     箱根駅伝選手だった作家が描く瀬古利彦との出会い、失意の日々とカムバック、老監督との葛藤、首位のタスキ、別離と再会
     北海道で走り始めた1人の少年は、一般学生として早大に入学し、2年生になる直前、準部員として競走部に入った。
     それは30年の時を超えた宿命のなせる業だった。

     早稲田大学競走部員として2年連続箱根駅伝出場!自伝的長編小説)

      講談社「冬の喝采」 案内へ リンク

      Yokohama Walker 「箱根駅伝のドラマを描く自伝的小説「冬の喝采」黒木亮インタビュー」へ リンク


『チーム』(堂場瞬一・著 08.10.25
     (株)実業之日本社発行(03-3535-4441)   2008年10月25日発行   1680円(1600円+税)
     (内容: 「母校代表としての箱根駅伝出場を逃した「敗れた強者」たちで構成される、<学連選抜>チームが挑む二日間、
     東京〜箱根間往復217.9kmの苦闘と激走を描く! 
     書き下ろし フィクション)

      実業之日本社 『チーム』 案内へ リンク


『大学駅伝2008』-陸上競技マガジン11月号増刊(08.10.3
    ベースボールマガジン社発行 (2008年10月2日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:BIG2の行方・注目追随の面々・吠えよエース・主要27大学選手名鑑・42大学部員名簿・箱根予選会展望)
  陸マガHPの『大学駅伝2008』の案内へリンク




『タスキを繋げ! 大八木弘明─駒大駅伝を作り上げた男』(生江有二 著 08.8.10
     (株)晋遊社発行(03-5213-3451)   2008年7月30日発行   1575円(1500円+税)
     (内容:駒澤大学陸上競技部と彼らを常勝チームへと導いた 闘将・大八木弘明の軌跡
         そして出雲・全日本・箱根を追った 2007〜2008 迫真のドキュメント!)
      晋遊社「タスキを繋げ! 大八木弘明─駒大駅伝を作り上げた男」 案内へ リンク


『小説現代 2008 8月号』(講談社)に小説:黒木亮著「冬の喝采」(最終回)(880円)(08.7.22
    (箱根駅伝の選手だった作家・黒木亮(早大・本名:金山雅之・第55〜56回出場)が挑む初の自伝的スポーツ小説)

     2007 12月号から連載開始。55回箱根駅伝の3区を走り、2区瀬古選手からトップで襷を受け、トップを維持したまま4区へ
     つないだところからストーリーははじまる。北海道の中学・高校時代の練習・レース・故障などを詳細に描く。
     早大進学後、競走部の門を叩き、中村清監督に認められて入部。中村監督との葛藤、瀬古選手との交流の様子も。

     5月号は、北海道でのロードレースと、箱根駅伝の3区エントリーが決まったところまで。         
     6月号は、55回箱根駅伝の前日と3区の走りの後半・正月帰省・勝田マラソン・中日マラソンまで。         
     7月号は、関カレ・夏合宿・早慶陸上・秋の全カレ・就職活動・府中多摩川マラソンで北海道記録更新まで。      

     8月号は最終回、第56回箱根駅伝1か月前の日々・8区を走った当日・7年後驚きの実父との連絡・そして10年後の再会。      

     故障を抱えても諦めずに復活を目指す気持ち・レースでの心理描写・詳細な練習記録を随所に引用・など、
     駅伝ファンにとって堪らないほど読みごたえがある。

     講談社『小説現代』の案内へリンク  

    黒木亮さん 自伝的スポーツ小説(「読売新聞出版トピック」へリンク)

    黒木亮-Wikipedia

    「貸し込み」を書いた黒木亮さん (北海道新聞:ほん)

    ビビる大木のSPORTS☆STAR!(生島淳・2008年1月14日の天声淳語:黒木亮「冬の喝采」の書評を語る!→聴ける)


『第84回箱根駅伝』-陸上競技マガジン2月号増刊(08.1.10
    ベースボールマガジン社発行 2008年1月9日発売 860円(819円+税)
     (内容:箱根路-217.9kmの光と陰・大八木監督インタビュー・エースと呼ばれた男たちの戦い・他:A4版87ページ)
      ベースボールマガジン社HPの『第84回箱根駅伝-陸上競技マガジン2月号増刊』の案内へリンク



『「箱根駅伝」不可能に挑んだ男たち』(原島由美子著 07.12.29
    (株)ヴィレッジブックス発行(03-3221-3131) 2007年12月26日発行 1575円(1500円+税)
    (内容:箱根駅伝のテレビ中継の土台を築いた人たちの物語)
      ソニー・マガジンズ「 「箱根駅伝」不可能に挑んだ男たち」案内へリンク


『スポーツ報知:箱根駅伝観戦ガイド』(タブロイド版の新聞:駅売店・コンビニで販売中:200円) (07.12.25
     『スポーツ報知・箱根駅伝特別号』の案内へリンク

『Yomiuri Weekly 1/6・13号』に「箱根駅伝観戦ガイド:監督の采配から占う『箱根路の王者』」(350円) (07.12.22
      『読売ウィークリー』の案内へリンク

『箱根駅伝2008公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(07.12.21
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2008年1月2日発行(12月21日発売) 1000円(952円+税)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像&チームの肖像・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版138ページ)
      講談社HPの『箱根駅伝2008公式ガイドブック』の案内へリンク

『Yokohama Walker 1/4号』(07.12.20 350円(333円+税)
    (内容:「元祖“山の神”!解説者金哲彦氏に聞く 「第84回箱根駅伝」見どころはココだ!!」)

      角川書店HPの『横浜ウォーカー』の案内へリンク

『サライ 2008 1月3日号』に「箱根駅伝観戦ガイド」 (07.12.20(500円)
   −宇佐美彰朗さんによるレース展開予想・各大学エース紹介−
     小学館HPの『サライ1月3日号』の案内へリンク

『ニューイヤー駅伝2008−第51回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(07.12.15
    サンデー毎日臨時増刊 2007年12月29日発行 12月14日発売 571円+税(600円)
    (37チームカラー選手名鑑・駅伝日本一を目指す注目選手・エリートランナーの日清食品:A4版128ページ)

『おとなのいい旅 東日本 12・1月号』に「ドラマが走る箱根駅伝ものがたり」 (07.12.12(420円)
   −走る人・撮る人・応援する人−
  リクルートHPの『おとなのいい旅 東日本 12・1月号』の案内へリンク

『箱根駅伝2008』-陸上競技マガジン1月号増刊(07.12.8
    ベースボールマガジン社発行 (2007年12月8日発売) 857円+税(900円)
     (内容:20チーム選手写真名鑑&戦力分析・徹底展望・監督たちの箱根駅伝)
      陸マガHPの『箱根駅伝2008』の案内へリンク


『女子駅伝2007−第27回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(07.12.7
    サンデー毎日臨時増刊 2007年12月発行 571円+税(600円)
    (A4版114ページ)
    (内容:駅伝日本一を目ざす注目選手:福士・吉川・宮内・坂本・赤羽、
        土佐礼子と北京五輪マラソンを狙う日本選手たち
        特別インタビュー:女子駅伝と私(増田・千葉)・カラー選手名鑑)


『マラソン・駅伝の素朴な大疑問』(金哲彦著 07.12.5
    PHP文庫 PHP研究所(03-3239-6233) 2007年12月3日発売 600円(571円+税)
    (内容:テレビ中継をみていて、ふと浮かぶ10の疑問  マラソン・駅伝選手-その驚異の肉体を大解剖、
        レース-ここに注目するとTV中継は10倍楽しめる  駅伝-箱根から実業団まで、その魅力に迫る
        知られざるチームの裏事情、  マラソン・駅伝史
         PHP文庫「マラソン・駅伝の素朴な大疑問」案内へリンク


『箱根駅伝−襷の記憶』(07.11.30
    B・BMOOK (株)ベースボールマガジン社(03-3238-0181) 2007年11月29日発売 1,200円(1,143円+税)
    (内容:早大:名門といわれる理由・中大:継続という彼らだけの喜び・日大:伝統の創造者と継承者・駒大:速さと強さを求めて・
     神大:いま原点回帰のとき・全出場校成績一覧など:A4版178ページ)
      B.B.MOOK「箱根駅伝−襷の記憶」案内へリンク


『名門陸上部の駅伝トレーニング』(07.11.29
     (株)宝島社発行 TJMOOK(2007年11月22日発売) 1048円+税(1100円)
      (内容:こんな選手が箱根駅伝で活躍する!(順・早・東海・中・日体・駒・亜・城西大) ・日本を代表するトップランナー
      ・公開!ここが違う 名門校の練習法(仙台育英・佐久長聖・豊川工・西脇工など) )
      宝島社の『名門陸上部の駅伝トレーニング』の案内へリンク



『2008箱根駅伝まるごとガイド−観る・歩く・応援する!』(07.11.28
     (株)昭文社発行 (2007年11月26日発売) 1200円+税(1260円)
      (内容:全ルートを地図で解説・駅伝コースと沿道情報を網羅・第84回箱根駅伝の展望・予選会を振り返る)
      昭文社の『箱根駅伝まるごとガイド2008』の案内へリンク



『大学駅伝2007』-陸上競技マガジン11月号増刊(07.10.2
    ベースボールマガジン社発行 (2007年10月2日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:エースの肖像・それぞれの最終学年・王者の念持・主要29大学選手名鑑・42大学部員名簿・学生長距離2007)
  陸マガHPの『大学駅伝2007』の案内へリンク




『高野進流 日本人のためのニ軸走法』(07.6.1
    高野 進著 スキージャーナル(株)発行 (2007年5月28日発売) 1800円+税(1890円)
     (内容:ニ軸走法とは?・スプリントの基本編・スプリントの専門編・シャープな走りをつくるウォーミングアップ
  スキージャーナルの『日本人のためのニ軸走法』の案内へリンク



『日本人の足を速くする』(新潮新書)(07.5.28
    為末 大著 (株)新潮社発行 (2007年5月17日発売) 680円+税(714円)
     (内容:なぜ日本人は足が遅いのか・だれでも足は速くなる・速くなるトレーニング・勝てない人と勝てる人・
        ハードルの上で休む・13歩を究める・銅から金へ・もっと陸上を!)
  新潮社の『日本人の足を速くする 』の案内へリンク



『ランナーズ4月号』に「繋がらなかった襷……神奈川大学復活のカギは基礎練習 」(680円) (07.2.24
  『ランナーズ』の案内へリンク

『本が好き! 2007 2月号』(光文社)にエッセイ:金哲彦「『箱根駅伝』という名の成人式」(100円) (07.2.24
  光文社『本が好き!』の案内へリンク


『Yomiuri Weekly 1/7・14号』に「箱根駅伝観戦ガイド:東海大か順大か−『戦国』の優勝を占う」(350円) (06.12.27
  『読売ウィークリー』の案内へリンク

『スポーツ報知:箱根駅伝観戦ガイド』(タブロイド版の新聞:駅売店・コンビニで販売中:200円) (06.12.27
  『スポーツ報知・箱根駅伝特別号』の案内へリンク

『サライ1月1日号』に「箱根駅伝観戦ガイド」 (06.12.23(480円)
   −宇佐美彰朗さんによるレース展開予想・各大学エース紹介−
  小学館HPの『サライ1月1日号』の案内へリンク

『ニューイヤー駅伝2007−第50回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(06.12.23
    サンデー毎日臨時増刊 2006年12月30日発行 12月22日発売 571円+税(600円)
    (ニューイヤー駅伝トップレベル選手と箱根駅伝との“不思議な関係”:A4版130ページ)
  TBS HPの『公式ガイドブック』の案内へリンク(画像では「定価500円」となっているが、600円の間違い!)

『箱根駅伝2007公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(06.12.20
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2007年1月2日発行(12月20日発売) 1000円(952円+税)
     (内容:伝統と栄光の輝き:エントリー選手名鑑・レース展望・特別座談会・コースガイドなど:A4版136ページ)
      月陸HPの『箱根駅伝2007公式ガイドブック』の案内へリンク

『Yokohama Walker 1/4号』(06.12.20 350円(333円+税)
    (内容:「熱き青春!箱根駅伝!地元神奈川から東海大・神奈川大が出場!・−東海大OB諏訪選手に聞く−」)

      角川書店HPの『横浜ウォーカー』の案内へリンク

『箱根駅伝2007』-陸上競技マガジン1月号増刊(06.12.11
    ベースボールマガジン社発行 (2006年12月9日発売) 857円+税(900円)
     (内容:20チーム選手写真名鑑&戦力分析・新たな伝説は我らの手で・新たな潮流は我らの走りで・情熱と力でさらに上へ)
      陸マガHPの『箱根駅伝2007』の案内へリンク


『観る・歩く・応援する−箱根駅伝まるごとガイド』(06.12.11
     (株)昭文社発行 (2006年12月9日?発売) 1200円+税(1260円)
      (内容:全ルートを地図で解説・駅伝コースと沿道情報を網羅・ランナーの目線から見た写真・OBインタビュー)
      昭文社の『箱根駅伝まるごとガイド』の案内へリンク


『女子駅伝2006−第26回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(06.12.11
    サンデー毎日臨時増刊 2006年12月発行 571円+税(600円)
    (A4版114ページ)
      TBSの『全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』の案内へリンク

『箱根駅伝』伝説(06.12.9
     (株)宝島社発行 (2006年12月8日発売) 1229円+税(1290円)
     (内容:箱根を走った名ランナー・83回見所&注目ランナー・大八木・平塚監督・History of Hakone Ekiden 1987-2006)
      宝島社の『箱根駅伝伝説』の案内へリンク




『じゃらん 12月号』(リクルート12/1発売)に
     「こんどのお正月 箱根駅伝に行こう」(全区間観戦スポット付き) (06.12.1
(370円(352円+税))
         じゃらんNetの『じゃらん 12月号』の案内へリンク


新潮文庫『強奪 箱根駅伝』 (06.11.29
    安東能明著・新潮社発行 2006年12月1日発売 660円(629円+税)
       2003年10月発行の書き下ろし版の文庫化(大幅に改稿した!という)
       読売<本屋さんへ行こう>『強奪 箱根駅伝』の紹介へリンク
       新潮社HPの文庫版『強奪 箱根駅伝』の新刊案内へリンク


『雑草軍団の箱根駅伝』(06.10.11
    岡田正裕著 (株)ファーストプレス社発行 (2006年10月6日発売) 1400円+税(1470円)
     (内容:箱根駅伝の伝統と戦略・じっと我慢の往路の5区間・絵に描いたような逆転の軌跡・駅伝との出会い)
  ファーストプレス社の『雑草軍団の箱根駅伝』の案内へリンク


『大学駅伝2006』-陸上競技マガジン11月号増刊(06.10.2
    ベースボールマガジン社発行 (2006年10月2日発売) 933円+税(890円)
     (内容:夏より熱い秋がくる・大学駅伝2006special・主要24大学選手名鑑・39大学部員名簿・お役立ちデータ)
  陸マガHPの『大学駅伝2006』の案内へリンク


『風が強く吹いている』(06.10.2
    三浦しをん著 新潮社発行 (2006年9月22日発売) 1800+税(1890円)
     (走れ、「速く」ではなく「強く」。目指すは箱根駅伝。直木賞受賞第一作!)
     (箱根駅伝に挑戦する学生たちの姿を、私なりに正面から書いた小説です。スポ根のようでスポ根ではないので、
      箱根駅伝を好きな人も嫌いな人も、どうぞ手に取ってみて下さい。−三浦しをん−)
  新潮社HPの『風が強く吹いている』の案内へリンク




『Sportiva 2月号』(集英社12/24発売)に「正月スポーツ総まくり:箱根駅伝(折山淑美執筆)」 (05.12.28(780円)
  集英社HPの『Sportiva 2月号』の案内へリンク(12/24発売・特別付録「ドイツワールドカップPerfect Book」

『Yomiuri Weekly 1/8・15号』に「箱根駅伝観戦ガイド:東海大の『悲願』はかなうか?」) (05.12.28(350円)
  『読売ウィークリー』の案内へリンク

『少年マガジン 1/15・18号』(講談社12/28発売)(05.12.28)(250円)    『少年マガジン』の案内へリンク
   (「エース!箱根駅伝・たすきにかけた師弟の情熱」読み切り54P:藤田敦史選手の『こう走る・見る箱根駅伝』も)


『箱根駅伝2006公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(05.12.21
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2006年1月2日発行(12月21日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:伝統と栄光の輝き:エントリー選手名鑑・レース展望・特別座談会・コースガイドなど:A4版130ページ)
  月陸HPの『箱根駅伝2006公式ガイドブック』の案内へリンク

『ニューイヤー駅伝2006−第50回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(05.12.21
    サンデー毎日臨時増刊 2006年1月1日発行 12月19日発売 476円+税(500円)
    (ヘルシンキ・上州路・・そして北京へ:A4版146ページ)
  毎日新聞HPの『ニューイヤー・公式ガイドブック』の案内へリンク

『月刊TVsports1.25』(Gakken)に「箱根駅伝マップ・ニューイヤー駅伝」 (05.12.21(390円)
   −絶好調の東海大&日大がV4王者駒大に迫る!−
  Gakken HPの『月刊TVsports』の案内へリンク

『駅伝がマラソンをダメにした』(05.12.13
    生島淳著 光文社発行 (2005年12月13日発売) 735円(税込)
     (内容:変わる箱根駅伝・テレビが生んだ駅伝中心主義・新興校を分析する・伝統校を分析する・駅伝がマラソンをダメにした・女子マラソンはなぜ強い)
  光文社HPの『駅伝がマラソンをダメにした』の案内へリンク




『サライ2006.1/5』に「箱根駅伝観戦ガイド」 (05.12.16(450円)
   −19校のマネージャーが選んだ“我が校のエース”駒大佐藤・東海丸山・神大森脇他、駒大大八木監督・日大小川監督も−
  小学館HPの『サライ新春寿号』の案内へリンク

『Yokohama Walker 1/4号』に「第82回箱根駅伝!県勢は東海大・神奈川大が出場!」) (05.12.16(350円)
  角川書店HPの『横浜ウォーカー』の案内へリンク

『箱根駅伝2006』-陸上競技マガジン12月号増刊(05.12.10
    ベースボールマガジン社発行 (2005年12月10日発売) 857円+税(900円)
     (内容:主要20選手写真名鑑&詳細データ・歴史を変えて夢の頂へ・想い、届け。シード校の誇り・刮目せよ、驚異の10代 ・未来への疾走)
  陸マガHPの『箱根駅伝2006』の案内へリンク


『女子駅伝2005−第25回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(05.12.12
    サンデー毎日臨時増刊 2005年12月発行 476円+税(500円)
    (A4版114ページ)

『DVDマラソン アスリートの走り方を目指す』 (05.11.30
    東洋大学陸上部監督 川嶋伸次 著 :池田書店 2005年11月発行 (税込)1,785円 160P
   (内容:・ウォーキング・ジョギング・マラソントレーニング・メリハリ走・ストレッチ&補強運動:付属資料DVD−VIDEO(1枚))
  池田書店HPの『DVDマラソン』の案内へリンク


『弘山晴美のマラソン術− スピードトレーニングでタイムが伸びる』学研スポーツブックス(05.4.6up)
    弘山勉 著 (株)学習研究社 2005年4月2日発行 (税込)1,260円 144P
   (内容:理想のフォーム、トレーニング法、ストレッチング、ボディメイク、レースの仕方など) 
  学研HPの『弘山晴美のマラソン術』の案内へリンク

『中学生の陸上長距離練習』(05.4.6up)
    押久保光男 著 佐々木秀幸監修(株)ひかり出版発行 (税込)6,000円
  『中学生の陸上長距離練習』の案内へリンク

『Sportiva 2月号』(集英社12/25発売)に別冊付録「箱根駅伝&高校サッカー・パーフェクトガイド」 (04.12.27up)(580円)
                               (大学別詳細戦力分析・高低図つきコースガイド)
  集英社HPの『Sportiva 2月号』の案内へリンク

『Yomiuri Weekly 1/9・16号』に「箱根駅伝観戦ガイド:本命駒澤の4連覇に死角はあるか」) (04.12.27up)(350円)
  『読売ウィークリー』の案内へリンク

『R25 12/23→1/06号』
 「R×R(ランキンレビュー)日本人の琴線をくすぐる箱根駅伝の要素とルール」 (04.12.22up)
(0円)

『箱根駅伝2005公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(04.12.21up)
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2004年1月2日発行(12月21日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:エントリー選手名鑑・注目チーム&選手クローズアップ・戦力分析・レース展望・コースガイドなど:A4版130ページ)
  月陸HPの『箱根駅伝2005公式ガイドブック』の案内へリンク

『サライ新春寿号』に「箱根駅伝観戦ガイド」 (04.12.20up)(450円)
   −19校のマネージャーが選んだ“我が校のエース”駒大塩川・東海越川・神大清水他、早大渡辺監督・明大西コーチも−
  小学館HPの『サライ新春寿号』の案内へリンク

『Yokohama Walker 1/4号』に「地元大学を応援・箱根駅伝!頑張れ神大・東海大!!」) (04.12.18up)(350円)
  角川書店HPの『横浜ウォーカー』の案内へリンク

『ニューイヤー駅伝2005−第49回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(04.12.15up)
    サンデー毎日臨時増刊 2005年1月1日発行 12月15日発売 476円+税(500円)
    (上州路から始まる北京への道:A4版130ページ)

『箱根駅伝2005』-陸上競技マガジン12月号増刊(04.12.11up)
    ベースボールマガジン社発行 (2004年12月10日発売) 857円+税(900円)
     (内容:カラー名鑑・夢のV4へ・シードの矜持を胸に・名門再びの栄光へ・ノーシード予選からの逆襲:A4版114ページ)
  陸マガHPの『箱根駅伝2005』の案内へリンク


『女子駅伝2004−第24回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(04.12.2up)
    サンデー毎日臨時増刊 2004年12月発行 476円+税(500円)
    (A4版114ページ)

『箱根駅伝−熱き思いを胸に襷がつないだ80年間』(04.11.1up)
    B・BMOOK (株)ベースボールマガジン社(03-3238-0181) 2004年11月1日発売 1,200円(1,143円+税)
    (内容:なぜ箱根駅伝なのか/第1章時代を駆けたエース(渡辺康幸ら7人)/第2章オリンピックイヤーの輝き(諏訪ら4人)/第3章見果てぬ夢を(大八木ら5人)/第4章世界への階段(岩水ら4人)/第5章指導者の箱根追想(大後ら5人)/第6章名勝負5撰(2002年他)/第7章真実の箱根路コース解説/第8章データバンク全記録など:A4版178ページ)
    B.B.MOOK「箱根駅伝」案内へリンク(詳細CONTENTS)


『オリンピック・アテネ大会マラソン金メダルへのセオリー』(04.7.22up)
    金哲彦著 (株)メディアファクトリー(0570-002-001) 2004年7月2日発行 1,200円+税
    (内容:第1章 オリンピック金メダリストの条件 第2章 アテネオリンピックへの挑戦者たち 第3章アテネで勝つためのプログラム 第4章 アテネのコース完全シミュレーション 第5章 アテネ、そのゴールの先にある新たなスタート:B6版196ページ)
   メディアファクトリーの『マラソン金メダルへのセオリー』の案内へリンク

『箱根を走った勇姿たちは、今』(04.5.20up)
    有吉正博著 (株)不昧堂出版(03-3946-2345) 2004年2月23日発行 1,700円+税
    (内容:第1部 30年後の勇姿たち(第50回記念大会を走った東海大チーム)(1区宮田将美/2区新居利広/3区増田博康/4区西出勝 /
    第2部 20年後の勇姿たち(第60回記念大会を走った東京学芸大学チーム)(1区鈴木彰/2区田口克巳/3区市川浩/4区阿部悟郎/連絡車(ジープ)から見た目(コーチ 有吉正博)/70回記念大会を走った男 櫛部静二(城西大学コーチ)ほか):B6版199ページ)

『栄光を讃えて-箱根駅伝80回大会記念誌』(04.3.10up)
   関東学生陸上競技連盟編集 (株)陸上競技社製作 平成16年1月31日発行 3月1日発売 6000円+税
   (A4版 全206ページ:第1回から第80回までの全記録)
   陸上競技社の『栄光を讃えて-箱根駅伝80回大会記念誌』の案内へリンク


『Sportiva 2月号』(集英社)に「箱根駅伝Perfectガイド」 (03.12.26up)(580円)
  集英社HPの『Sportiva 2月号』の案内へリンク

『Yomiuri Weekly 1/4号』に「箱根駅伝観戦ガイド」・「山を駆けた『伝説のヒーロー』」) (03.12.24up)(350円)
  雑誌の新聞の『読売ウィークリー 』の案内へリンク

『Yokohama Walker 1/6号』に「箱根駅伝が今年も熱い:神奈川県勢担当アナ座談会」) (03.12.24up)(350円)
  角川書店HPの『横浜ウォーカー』の案内へリンク

『サライ新春寿号』に「箱根駅伝観戦ガイド」 (03.12.23up)(450円)
   −19校のマネージャーが選んだ“我が校のエース”写真掲載、神大は竜田選手を紹介しているが写真は内野選手−
  小学館HPの『サライ新春寿号』の案内へリンク

『テレビサライ2月号』に「大晦日・格闘技VSお正月・箱根駅伝」) (03.12.22up)(450円)
  小学館HPの『テレビサライ最新号』の案内へリンク

『ランナーズ2月号』に「金哲彦さんの箱根駅伝観戦のツボ・東海大取材」) 648円+税(680円) (03.12.22up)
  『ランナーズ2月号』の案内へリンク

『箱根駅伝2004公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(03.12.20up)
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2004年1月2日発行(12月20日発売) 952円+税(1000円)
     (内容:エントリー選手名鑑・エースの肖像・チームの肖像・出場20チーム紹介・特別座談会など:A4版130ページ)
  月陸HPの『箱根駅伝2004公式ガイドブック』の案内へリンク

『末續慎吾×高野進』-集英社be文庫-(03.12.20up)
    折山淑美著 (株)集英社(03-3230-6393) 2003年12月25日発行 552円+税
    (内容:世界陸上パリ大会・「アイル・ビィ・バック」・コーチ開眼・出会い・勝利へのトライアングル・いざ世界へ:文庫版191ページ)

『感動中継!箱根駅伝〜テレビ観戦が200%楽しめる!』(03.12.14up)
    日本テレビ発行(日テレムック) 2003年12月24日発行(12月15日発売) 571円+税(600円)
    (内容:79回大会テレビカメラが息をのんだこの瞬間・箱根観戦スーパーマニュアル・バイクアナウンサー走る・タスキの系譜など:A5版96ページ)
  日テレHPの『感動中継!』の案内へリンク

『ニューイヤー駅伝2004−第48回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(03.12.14up)
    サンデー毎日臨時増刊 2003年12月27日発行 12月12日発売 476円+税(500円)
    (ニューイヤーとアテネを目指す男たち:A4版130ページ)

『マラソンランナー』-文春新書-(03.12.14up)
    後藤正治著 (株)文藝春秋社(03-3265-1211) 2003年12月20日発行 700円+税
    (内容:金栗四三・孫基禎・田中茂樹・君原健二・瀬古利彦・谷口浩美・有森裕子・高橋尚子 :新書版 222ページ)

『箱根駅伝2004』-陸上競技マガジン監修(03.12.11up)
    ベースボールマガジン社発行(2003年12月11日発売)762円+税(800円)
     (内容:最新情報:シード校・予選会通過校・出場校詳細データ・箱根駅伝欲張り観戦ガイド・展望&応援など:A4版114ページ)
  陸マガHPの『箱根駅伝2004』の案内へリンク


『エス・ポートよこはま・2003December:特集箱根駅伝』(03.12.9up)
    (財)横浜市スポーツ振興事業団発行 横浜市内駅・区の施設などで、市広報誌などと一緒に無料配布
    (A4版:箱根関係全6ページ)
     内容:箱根駅伝の魅力・出場への道のり・タスキの重み・選手のユニフォーム・縁の下の力持ち・箱根駅伝まめ知識・便利マップ(神大の選手達の写真多数!)など
     財団のHP 「ハマスポどっとcom」はこちら
     「エス・ポートよこはま 横浜市スポーツ情報」最新号はこちら

『女子駅伝2003−第23回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(03.12.2up)
    サンデー毎日臨時増刊 2003年12月発行 476円+税(500円)
    (A4版114ページ)

『強奪 箱根駅伝』(03.10.29up)
    安東能明著・新潮社発行 2003年10月30日発行(10月29日発売)1900円+税(1995円)
     (内容:第1章 刺激入れ、第2章 1月2日往路、第3章 芦ノ湖、第4章 1月3日復路:46版444ページ)
    
神奈川大駅伝チームと日本テレビを舞台にした箱根駅伝サスペンス長編!!
     大後監督・斎藤元女子マネの協力もあり、駅伝チームの舞台裏がつぶさに描かれた駅伝ファン必読の書!

  
 『箱根駅伝が電波ジャックされた!12月30日夕方、神奈川大学のマネージャーが行方不明になり、同じ頃、局内のモニターに女を監禁する映像が送られてきた。中継波が操られているのか?誰が?何のために? 後手に回る捜査、見えぬ犯人像、刻々と迫る生中継。解決のメドも立たぬまま、ついに選手たちは正月の箱根路へスタートを切った……。各区間で演じられる激走ドラマと、犯人との攻防がシンクロする! 一気読み間違いなしの感涙サスペンス。』(カバー帯から)

  新潮社HPの『強奪 箱根駅伝』の新刊案内へリンク
  新潮社HPの『強奪 箱根駅伝』の立ち読み案内へリンク
  新潮社HPの『強奪 箱根駅伝』の立ち読みコーナー(冒頭13ページの文章掲載!)へリンク
  新潮社HPの『強奪 箱根駅伝』のショッピングカートへリンク


『箱根駅伝2003公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(02.12.20up)
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2003年1月2日発行(12月20日発売)857円+税(900円)
     (内容:エントリー選手名鑑、注目チーム&選手クローズアップ・戦力分析・レース展望など:A4版122ページ)

『徹底感動!箱根駅伝』(02.12.20up)
    日本テレビ発行(日テレムック) 2002年12月24日発行(12月20日発売) 857円+税(900円)
    (内容:託し、託される絆・『天国のダイスケへ』・箱根ほど素敵なレースはない・予選会ドキュメントなど:A5版152ページ)

『ニューイヤー駅伝2003−第47回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(02.12.20up)
    サンデー毎日臨時増刊 2002年12月28日発行 12月20日発売 476円+税(500円)
    (上州路を駆けるランナーたち:A4版130ページ)

『箱根駅伝2003』-陸上競技マガジン監修(02.12.11up)
    ベースボールマガジン社発行(2002年12月9日発売)667円+税(700円)
     (内容:新時代の幕開け・徹底展望「駒大、抜け出す」・出場校詳細データ・箱根駅伝よくばりナマ観戦ガイド・マネージャーアンケートなど:A4版114ページ)
  陸マガHPの『箱根駅伝2003』の案内へリンク

『女子駅伝2002−第22回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(02.12.20up)
    サンデー毎日臨時増刊 2002年12月発行 476円+税(500円)

    (A4版128ページ)
                     高橋尚子関係文献はこちらへ  

『速すぎたランナー』
   −マラソンランナー・早田俊幸。彼の悲劇は、「ゆっくり走れない」ことだった。−(02.5.6up)

    増田晶文著 (株)小学館(03-3230-5739) 2002年5月20日発行 1400円+税
    (内容:潰えたオリンピックの夢・マラソンランナーの始動・暴発した鬱憤・孤独な戦い・シドニー五輪代表に挑む :A5版 253ページ)

『箱根駅伝2002公式ガイドブック』-月刊陸上競技1月号増刊(01.12.26up)
    月刊陸上競技編集・講談社発行 2001年1月2日発行(12月22日発売)762円+税(800円)
     (内容:エントリー選手名鑑、チーム&エースの肖像・3巨頭座談会・レース展望など:A4版96ページ)

『ニューイヤー駅伝2002−第46回全日本実業団男子駅伝―公式ガイドブック』(01.12.17up)
    サンデー毎日臨時増刊 2001年12月29日発行 12月14日発売 476円+税(500円)
    (駅伝最強チームはどこだ!:A4版128ページ)

『箱根駅伝2002』-陸上競技マガジン12月増刊号(01.12.11up)
    ベースボールマガジン社発行 2001年12月31日発行(12月8日発売)667円+税(700円)
     (内容:駒大,本命への決意・2区-聖域への思い・出場15校主力選手写真名鑑など:A4版114ページ)

『箱根駅伝がやってくる』(01.12.10up)
    日本テレビ発行(日テレムック) 2001年12月10日発行 762円+税(800円)
    (内容:特集箱根の山・どうして涙が出てくるんだろう・予選会詳報など:A4版96ページ)

『女子駅伝2001−第21回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(01.12.10up)
    サンデー毎日臨時増刊 2001年12月8日発行 476円+税(500円)
    (美濃路を駆け抜ける選ばれし者たち:A4版128ページ)

『関東インカレ80年史−走心』(01.11.6up)
   関東学生陸上競技連盟(03-5411-1488) 2001年9月21日発行 6,300円(税込み)
   製作:(株)陸上競技社(03-3235-6102)
   (B5版 全406ページ:80年の戦績を振り返る-戦前第1期・〃第2期・復活第1期・〃第2期・充実第1期・附属データ資料)

『東京人−10月号』(01.9.7up)
   −特集:大学が変わる−   に次の評論あり
    「学生スポーツの華 箱根駅伝物語」文・松尾秀助
   (内容:次元の違う「三つの戦い」・山梨学院大の奇跡・テレビ視聴率はウナギ上り:68〜72ページ)
   都市出版(株)(03-3237-1790) 2001年9月3日発売 857円+税(900円)

『名監督の条件』 (スポーツ伝説シリーズ<19>)
   −いかに人を動かし、勝利を手に入れるか?日本スポーツ界に学ぶ、偉大なる指揮官の生き様と哲学−(01.3.25up)
    ベースボールマガジン社(03-3238-0181) 2001年4月10日発行 762円+税(800円)
   (内容:小出義雄、プロ野球:三原&水原他、大学:沢木啓祐他、高校:中村順司他:A5版 178ページ)

『ニューイヤー駅伝2001-第45回全日本実業団駅伝―公式ガイドブック』(2000.12.17up)
    サンデー毎日臨時増刊 2001年1月6日発行(12月15日?発売)476円+税(500円)
    (21世紀最初のレース・37チームが栄光を目指す・ライバルたちの横顔:A4版128ページ)

『箱根駅伝2001』-陸上競技マガジン12月増刊号(2000.12.12up)
    ベースボールマガジン社発行 2000年12月31日発行(12月8日発売)667円+税(700円)
     (内容:紫紺対決駒澤×順天・注目チーム&選手クローズアップ・出場15校主力選手名鑑&戦力データなど:A4版114ページ)

『箱根駅伝2000→2001』(2000.12.10up)
    日本テレビ発行(日テレムック) 2000年12月16日発行667円+税(700円)
     (内容:駒澤か順天か・ランナーの本能・それぞれの箱根など:A4版96ページ)

『女子駅伝2000−第20回全日本実業団女子駅伝―公式ガイドブック』(00.11.23up)
    サンデー毎日臨時増刊 2000年12月23日発行(11月下旬発売)476円+税(500円)
    (美濃路を彩るトップランナーたち他:A4版128ページ)

『シドニー2000オリンピック観戦ガイド』(00.8.16up)
   −テレビ観戦徹底ガイド−(週刊ベースボールマガジン8.19増刊号)
    ベースボールマガジン社(03-3238-0181) 2000年8月19日発行 762円+税(800円)
   (内容:世界記録へ・高橋尚子、鉄球の行方・室伏、女子長距離にメダルの期待他:A4変形版 146ページ)

『醒めない夢』
   −アスリート70人が語った魔法の言葉−
(00.7.23up)
    増島みどり著 (株)ザ・マサダ(03-3262-2973) 2000年7月3日発行 1500円+税
    (内容:高橋尚子・山口衛里・弘山晴美・室伏広治・佐藤信之・伊東浩司ら、シドニー五輪代表を多数含む70人が語った言葉をまとめる :A5版 294ページ)

『マラソン最強伝説』 (スポーツ伝説シリーズ<15>)
   −名ランナー、名勝負、そして歴史、雑学まで−
(00.7.5up)
    ベースボールマガジン社(03-3238-0181) 2000年7月31日発行(6月30日発売) 762円+税(800円)
   (内容:オリンピック・マラソン大国日本・激走の記憶・マラソンを楽しむ・歴代記録一覧:A5版 178ページ)

『挑戦』-炎のランナー中山竹通の生き方・走り方(00.4.15up)
    文・構成 井上邦彦 自由国民社発行 2000年3月25日発行 (1300円+税)
   (内容:大学陸上部監督・長野・不遇・克服・頂上・誤解・ソウル・陸連・バロセロナ・訣別など:A5版190ページ)

『高校駅伝50年史−半世紀、タスキつないで(00.3.23up)
    出版芸術社(03-3944-6250)・陸上競技社発行 2000年3月24日発行(3月23日発売) (3000円+税)
    (内容:大阪・昭和・平成時代、記録データ集、女子高校駅伝 :A4版変形270ページ)

『1999年記録集計号』(00.3.23up)
    ベースボールマガジン社発行(陸マガ3月号増刊) 2000年3月2日発売 (税込み900円)
   (内容:日本・高校・中学100傑・世界50傑:A5版388ページ)

『写真で見る箱根駅伝80年』
(00.1.15up)
    講談社・陸上競技社発行(講談社MOOK) 2000年1月20日発売 (税込み2000円)
    (輝ける足跡〜80年 各大会熱戦ハイライト:A4版170ページ)

『マラソンが今、おもしろい』(00.1.15up)
    ベースボールマガジン社発行(陸マガ2月号増刊) 2000年1月24日発売 (税込み780円)
   (内容:市橋有里・佐藤信之・山口衛里・犬伏孝行・三木と小島兄弟・有森裕子・弘山晴美・藤田敦史・高橋尚子:A4版変形)

『箱根駅伝―迸(ほとばし)る汗と涙の記憶』(99.12.10up)
    日本テレビ発行(日テレムック) 1999年12月26日発行(12月10日発売)667円+税(700円)
    (表紙は73回9区神大高嶋選手のラストスパートの写真!:A4版96ページ
     内容:再現ドキュメント・今昔物語・戦略と戦術・予選会ドキュメントなど)

『第44回全日本実業団対抗駅伝競走大会―ガイドブック』(99.12.10up)
    サンデー毎日臨時増刊 1999年12月25日発行(12月10日発売)476円+税(500円)
    (実業団の精鋭37チーム徹底分析:A4版146ページ)

『夢は箱根を駆けめぐる』
    佐藤次郎著 洋泉社(03‐3265‐0153) 1999年3月8日発行  1600円+税 
    (B6版 全221ページ:神大復活から優勝までの大後監督と選手達のドキュメンタリー)
    内容・目次はこちらへ

『箱根駅伝を知り尽くす』(スポーツ伝説シリーズC)−たすきでつないだ激走の軌跡−
    ベースボールマガジン社(03-3238-0181) 平成11年1月20日発行 762円+税(800円)
    (A5版 全176ページ:過去のヒーローたち・名勝負から観戦法まで・55回〜74回全成績も)
    内容・目次はこちらへ

別冊宝島458号『マラソンに勝つ。』 ―2000年シドニーオリンピックへの挑戦!―
    宝島社(03-3234-4621) 1999年9月3日発行 933円+税(980円)    
    (A5版 全270ページ:シドニーを目指す選手たちと、過去の名ランナーのエピソードなど)
    内容・目次はこちらへ  宝島社HPの『マラソンに勝つ』の案内へリンク

『箱根駅伝70年史』
   関東学生陸上競技連盟編集 (株)陸上競技社製作 1989年1月15日発行 5000円+税
   (A4版 全615ページ:第1回から第65回までの全記録)
   (絶版につき図書館でどうぞ)

『箱根駅伝を10倍おもしろく見る本』
   日本テレビ箱根駅伝プロジェクトチーム著 講談社 1994年12月15日発行 1262円+税(1300円)
   (B6版 全190ページ:レース裏の青春模様、TV中継おもしろ話など)

『東京箱根間往復大学駅伝競走インタラクティブ年鑑』
   監修:日本テレビスポーツ局
   CD-ROM編集:日本テレビビデオ
   ASCII出版局 1996年1月19日発行 12,427円+税(12,800円)
   (本文:A5版 全64ページ、Win95・98にも対応するCD-ROMつき)
   (第71回までの全記録とビデオ画像がCD-ROMで見れる
    ただし記録は画像データであり、デジタルのテキストデータとしては取出せない)
   (まだ在庫あり、書店注文可)     
    ASCII出版の「箱根駅伝インタラクティブ年鑑」の案内へリンク

『日本列島駅伝史』

   嶋田輝男著 (株)陸上競技社 昭和62年11月25日発行 2500円
   (A5版 全270ページ:箱根のルーツ東京遷都記念東海道駅伝から戦後の主要な駅伝の経緯まで詳述)
   (書店では取扱わず、直接版元(株)陸上競技社(03-3235-6102)へ、在庫僅少?)

『日本学生陸上競技70年史−向上と進展』
   日本学生陸上競技連合(03-3404-4990) 平成10年9月12日発行 6,000円(税込み)
   製作:(株)陸上競技社(03-3235-6102)
   (B5版 全440ページ:日本インカレ・全日本大学駅伝・女子駅伝・出雲駅伝・学生マラソン選手権などの記録)

『第65回箱根駅伝全ガイド-たすきにかける青春』
   読売新聞社 1988年12月20日発行 650円
   (A4変形版 全130ページ:第65回の出場全選手紹介・64回までの全大学のタイムと全選手の氏名等を掲載)
   (絶版:図書館でどうぞ)

『心でつないだ都大路』
   佐藤栄太郎・渡辺高夫著 企画編集:(株)陸上競技社 1988年3月11日講談社発行 980円
   (B6版全190ページ:埼玉栄高校の高校駅伝優勝までの軌跡)
   (版元講談社に在庫無し?陸上競技社にまだあり?)

『インターハイ50年史−青春賛歌』
   全国高等学校体育連盟陸上競技部 平成10年7月10日発行 4,000円(税込み)
   製作:(株)陸上競技社(03-3235-6102)
   (B5版 全400ページ:平成10年間の回顧・大会概要・資料・都道府県報告)
       
     箱根全山(「箱根八里」MP3ダウンロードページ)   箱根八里(オルゴール:midi)

     【襷と共に】(戸部小6年1組「箱根駅伝から学ぶ」資料集)(04.12.31up)